topimage

2017-08

玄米ご飯 - 2014.03.04 Tue

今日の夕飯の主食は玄米ご飯でした。
最近、1週間に1回は玄米ご飯を食べています。
何年か前から、お米は玄米で買って精米して食べていたのですが、玄米を食べるようになったのはつい最近のこと、多分1ヶ月半くらい前からだと思います。

きっかけは、お菓子作り教室で出たランチ。
ちょっとお洒落な鍋料理を出して下さり、締めが玄米ご飯を入れたおじやだったのですが、これがとっても香ばしくて美味しかったんです。まるでトウモロコシでも入っているような風味。
早速家でも似た鍋を作り、最後に鍋に入れる物も先生宅と同じ玄米ご飯にしようと思いました。

元々我が家の炊飯器には玄米炊きのコースがあったのですが、私が今一つ炊飯器を信用していなかったのと、玄米自体が家族に不評だったら?と挑戦を尻込みしたことから、その機能は一度も使ったことありませんでした。
ちょうど良い機会ですから、この玄米炊きの機能を使ってみようと思いました。
白米だと1時間後の炊き上がりを設定できるのですが、玄米だと最短で2時間でした。ゆっくりじっくり炊き上げるのですね。
恐る恐るやってみたけれど、思った以上に美味しく炊け、習ったのと同じ仕上がりの美味しいおじやが出来ました。

その後、ポリッジが食べたくて仕方なかった時期に玄米で代用してミルク粥を作ってみたことがありましたが、これも結構イケました。
玄米だとそれほど水分を吸わないのでトロトロな感じには仕上がらず、多分お粥の状態でもう少し蒸らせばさらにふっくら膨らんだのではないかと思うのですが、その時は早く食べたくて押しつぶすようにして煮ました(笑)

この吸水性の悪さが夫に好評です。夫は、おじやが苦手です。お米が水分を吸ってふやけて汁けがなくなってねっとりした感じが嫌いだそうです。雑炊は好きなんですが。戦国時代の武将のようにお椀に入れてさらさらかき込むのが良いのだそうです。(それは私も昔から憧れてました)
玄米だとおじやにしても汁気がたくさん残っていて夫の嫌いなねっとりしたご飯にならず、喜ばれています。

炊いたまま食べても香ばしいし噛む回数が各段に増えるしで良いのですが、「飽き易い」とも聞いたので毎日にはしないで時々のお楽しみにしています。
もっと早くからやっておけば良かったと思うくらい気に入ってます。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3469-81ff45cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長期連載漫画 «  | BLOG TOP |  » 会計の仕事

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)