topimage

2017-08

初USJ - 2014.07.16 Wed

USJのハリポタエリア、ウィザーディング・オブ・ハリー・ポッターのグランドオープンに合わせ、前日からUSJに行ってきました。
新幹線できじゅさんと果穂さんと落ち合う約束で、果穂さんとは1時間前から駅で会っていたのですが、なんときじゅさんは電車の遅延で新幹線に乗り遅れ、果穂さんと私の二人で新大阪まで行きました。せっかくの3列シートでしたが、1席空席なのは寂しくも可笑しいハプニングでした。
2014071404a.jpg
駅弁(食べ終わったあとなので蓋して撮影)

無事後続車に乗れたきじゅさんと新大阪で合流、乗り継いでホテルに行きました。
2014071401a.jpg
途中あちこちにUSJの新エリアのポスターが!

オフィシャルホテルを予約したのですが、チェックインするにも既に列ができていました。私たちの部屋は4人部屋でしたが、色がハッフルパフでした。
DSC02581a.jpg
ハッフルパフの寮みたい~

実は同室の方たちへのサプライズとして、こっそり緑色の部屋をお願いしてみたのですが、指定できないとのことで偶然に賭けましたがダメでした。

部屋に荷物を置いて、早速USJに向かいました。15日丸一日とと14日の3時以降入れる1.5日パスを買ってあったのです。
そこでホグワーツ校友の会同窓会のIさんと合流して行動を共にしました。偶然yumaさんご家族にもお会いして、一時友の会のメンバーが5人集いました。
DSC02583a.jpg
入り口もハリポタ

Iさんご夫妻とお茶を飲んだ後、スパイダーマンとジュラシックパークのアトラクションを楽しみました。私にとって初USJだったので、映像と乗り物の一体化したようなスパイダーマンは新鮮でした。火も映像だと思ったら本物だったと聞いて後で驚きました。ジュラシックパークは、少し怖いと聞いていたのですが、水に落ちるんだし濡れはしてもそんなに怖くはないだろうと高をくくっていたら、意外と落差があり、絶叫してしまいました。後で写真を見たら、目を見開いて大口開けている自分の姿が写っていて、可笑しかったです。大声を出したのですっきりしました(笑)

夕暮れ時、遠くのホグワーツ城が見えてきれいでした。
DSC02589a.jpg
別のエリア(なんという場所なのかはわからない)から見たホグワーツ城

Iさんお勧めのアイリッシュパブ(フィネガンズバー&グリルというお店!)に連れていってもらい、グリーンビールを飲みました。
2014071406a.jpg
思った以上に鮮やかな緑のグリーンビール(半パイント)
ミントの香りが強く、苦手な人も多いだろうという味でした。色が緑でなかったら、私も次は頼まないでしょう。

2014071408a.jpg
スネイプ先生ならお好きかも!

2014071411a.jpg
Iさんお勧めのオニオンブロッサム
玉ねぎが見事に花開いてます。

8時半からパレードがあるとかで、Iさんがお勧めのポイントを教えてくださいました。しかも、地べたに座った時にお尻が痛くならないようにとの配慮でアルミのレジャーマットを人数分用意した上、時間が来るまでその場留守番して下さったので、その間私たちはお土産(主に義理用)を購入することができました。
買い物を早めに終えた私が店の外で待っていたら、大きな花火の音がして、人々が走る方向へ行ってみたら盛大な花火が見えました。ハリポタの前夜祭の花火だったのだと思います。

パレードの順路の最後の方の場所で、遠くの音と光を見ながら待ちました。広告が5分ごとに入るのが笑えました。
2014071412a.jpg
ようやくやってきたエルモ(下部には同じ広告が!)

2014071413a.jpg
キティちゃんもいる!

Iさんと別れ、ホテルに戻って今度はhajime*mamaさんと合流し、部屋に入ると早速ベッドの場所をあみだくじで決めました。他にもお茶用のカップや洗面用のコップ、スポンジなど色違いの物を同じくあみだで決めました。というのは、みんな緑色が欲しいからです。

お土産屋さんで自分用に買ったスリザリンローブストラップを、パペットスネイプ先生に着せてみました。成長しきった大人サイズのスネイプ先生が着るには小さかったけれど、なんとか押し込みました(笑)
2014071414a.jpg
学生セブルス♪

自分で撮っておきながら、そのあまりの可愛さに悩殺されてしまい、しばらく悶えていました。その上、原書3巻の朗読をジム・デールさん版とスティーブン・フライさん版で聴き比べたりして、すごくテンションが上がりました。
しかし、原文で聞くと、スネイプ先生の描写が容赦ないと感じます。
結局その晩"uneven yellowish teeth(不揃いの黄色い歯)" というフレーズがずっと頭から離れず、寝付くまでぐるぐると頭の中を巡っていました。

● COMMENT ●

容姿について

USJご一緒させていただきありがとうございました。
レポート楽しみにしています。

聞き比べたあたりはスネイプ先生の描写とセリフの多さが嬉しい場面で大好きです。
一言発するたびに、容姿や様子についてさまざまなヴァリエーションで書き立てられる先生・・・

昨晩は(も)
Snape`s sallow skin had gone the colour of sour milk. (スネイプの土気色の顔が、腐った牛乳の色に変わった。)
の部分で吹き出しました。

Re: 容姿について

こちらこそ旅行中は色々お世話になり、ありがとうございました。
レポートの方は時間のある時に少しず取り組みますね。

あの章はスネイプ先生の描写が多くて日本語でも原文でも楽しいですね。
声の調子一つで印象が違ったのもとても興味深かったです。

Snape`s sallow skin ~の場面、あの時もみんな噴き出してましたね。やっぱり反応してしまいますよね。
4巻の汚いレンガ色もそうですが、ハリーフィルターは時にとんでもない表現をするものだと感心させられます。
ここ、多分、発酵させたミルクのサワーミルクなんでしょうけど、『腐った牛乳』と、より不快な感じに訳された日本語もグッジョブ!だと思っています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3592-9c175fbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター(1) «  | BLOG TOP |  » 迫るグランドオープン

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)