topimage

2017-10

娘の結婚式 - 2014.08.05 Tue

一昨日は、娘の結婚式の日でした。
娘は金曜日から二晩我が家に泊まり、昨日もここから出かけていきました。
その二晩は和室で娘と二人で寝ました。実際は母の遺骨もあったので、母と娘と女三代で寝たのですが。夫には「ここは女子の部屋~」と説明しました(笑)

髪のセットと化粧と着付けがあったため、私も娘よりは遅いものの他の家族よりは早めに出かけました。
お化粧に慣れていない私は、ポイントメークも頼んでありましたが、別人にならないような控え目なメイクをお願いしたところ、とても自然な感じに仕上げてくれたので助かりました。
髪の方は、あまり老けないように、とだけお願いしたところ、10歳若く見えるようにしました、とのことでしたが、和装用の見慣れない髪型のせいか、演歌歌手を連想しました(笑)
20140803 (1)a

着付けが終わって通された新婦側の親族控え室にはまだ誰もいなかったので、自撮りしようとパペットスネイプ先生を取り出してスマホ越しにポーズを考えていたら、スタッフが桜湯を持って入ってきたので、気まずかったです。
この後、荷物をクロークに預けたので、結局スネイプ先生に登場していただく場面はありませんでした。
20140803 (2)a

親族紹介後、写真撮影し、新郎新婦と両家の両親は式場に移動、式のリハーサルをしました。
夫はかつてさんざん教会式を拒みましたが、結局は娘の希望通りバージンロードを歩きました。新婦の母にも役割があって、ベールダウン、なるものをしました。目の前を通り過ぎる父娘を見送り、夫の手から新郎の手に娘を委ねる時、リハーサルであっても涙が出ました。

リハーサルから一呼吸おくかと思ったら、すぐに式が始まりました。
滞りなく自分の役割を終えて、夫と娘がゆっくり通り過ぎ、娘の手を新郎の手に渡した時、ああ、バトンタッチしたんだなあ、と改めて思いました。会場からもすすり泣きがたくさん聞こえました。後に、義母や妹だけでなく、妹の夫も泣いたと知りました。女の子のお父さんだから、やっぱりぐっときますよね。
私が作製したリングピローもしっかり役割を果たしていて安心しました。そして、後々までとても好評でした。

披露宴では、彼の上司と娘の上司それぞれからお言葉をいただきましたが、どちらもとても温かい内容で親としてとても有り難かったです。彼の別の上司による乾杯の発声後、今まで閉まっていたカーテンが開くと歓声が上がり、どよめきはしばらく続きました。思わず声を上げたくなるほどの素晴らしい空と海の青が外に広がっていたのです。
DSC02761a.jpg
青い海と空

その後はほとんど席にいることなく、上の席からご挨拶に回っていると、娘がお色直しで退席する時のエスコート役を突然言い付かりました。「おばあさま」と言われたのか「おかあさま」と言われたのか区別がつかなくて顔を上げたらスタッフが笑顔で促します。娘の方を見たら、娘も溢れんばかりの笑顔でした。ドアまで短い距離でしたが、娘の手を取り、一緒に歩きました。

間もなく新郎の方も弟さんと肩を組んで退席し、その間私たち親はせっせとビールを注いで回り、ご挨拶をしました。上司にも同僚にも、お友達にも本当に恵まれていると思いました。
祝電も披露され、なんと私の同僚たちからも届いて驚愕、涙しました。私こそ同僚に恵まれています。

お色直しして戻ってきた二人はテーブルを回って写真撮影するなどのイベントを経て楽器の演奏をしました。次男と娘の幼馴染みのEちゃんのピアノも加わって、4人で『Summer』(久石譲作曲:菊次郎の夏のテーマ)を演奏しました。
練習場面を見ていたので、ハラハラしました。チューニングがずれていて息を飲んだけれど、余興としてはまあまあでした。演奏後、娘は私を見て「チューニングずれてた…」と口を動かしました。私がうるさく言ったので気にしたのでしょう(笑)

あっという間に時間が経ち、スタッフに促されて高砂と向かい合う位置に立ちました。
その時は、お開きにあたって一列になってご挨拶するためだと思って立ったのですが、その前に花束贈呈と新婦からのお手紙が待ち受けていました!
そのことまるで考えていなかったので、ハンカチを席に置いたまま来てしまったことをひどく悔やみましたが、後の祭り。しっかり泣かされてしまいました。後に夫の語ったところによれば、その時会場から無数の視線を感じたとか。みんな親父の涙を見ようとしているな、と思い、意地でも見せなかったようです。ちなみに私は視線を感じなかったので、母親の涙は別に誰も期待していなかったのでしょう。

短い間に色々あってさすがに私も疲れましたが、帰宅後見た写真は、どれもこれも娘が嬉しそうに笑っていたので、まあいいか、と思いました。
DSC00858a_2014080417253709f.jpg
港をバックに

いつまでもその笑顔が続きますように!

● COMMENT ●

おめでとうございます!

素晴らしいお式のご様子、読んでいる私も幸せな気分になりました。

よく晴れた山下公園氷川丸ベイブリッジつばさ橋をバックに撮影とは最高のシチュエーションですねv-352

いつまでもお幸せにv-344

おめでとうございます

これできっと私より先に「おばあちゃんですね」v-290

我が家はまだまだ先の話ですから

おめでとうございます♪

素敵な結婚式、大切な娘さんの門出、本当におめでとうございます♪
二尋さんにとっても忘れられない一日でしょうね。
ご友人などにも恵まれ、祝福される娘さん、末永くお幸せに。

海をバックにドレス姿のご夫妻、いいお写真ですね。

お嬢さまのご結婚おめでとうございます(o^∀^o)
お母様に作って頂いたリングピローで結婚式を挙げられるって素敵ですね!
リングピローのお写真も見てみたいです♪

お嬢さまの末永いお幸せをお祈りいたします(*^^*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>果穂さん

ありがとうございます!
夏の結婚式にはぴったりな場所でした。すごく暑かったけれど、青がきれいで爽やかに見えますね。

>hajime*mamaさん

ありがとうございます!
うぐぐ…そう呼ばれる日も来るんでしょうね。
ひゃー!ここも孫の成長ブログになったりして!

>kmyさん

ありがとうございます!
お友達や同僚、上司の祝福が温かくて本当にありがたかったです。
写真は私が着付け中に撮られたもので、私も実際に見たかったです。
(ところで、メールのお返事滞っていて申し訳ありません)

>のなさん

ありがとうございます!
リングピロー、頑張りました。写真、ぜひ見ていただきたいです!
なんとか今日中にアップしたいけれど、無駄に画像が多くて明日になるかもしれません。見ていただけると嬉しいです。

>秘密コメント下さった方へ

ありがとうございます!
おかげさまで素敵な結婚式になりました。
女の子の親はなかなか楽しいですね。(息子たちの時は、リングピローとか出番はなさそう。お手紙読んでもらえるのも新婦の親だし)
これからどんな日々が待ち受けているのか、楽しみです。

遅ればせながら

ずいぶんご無沙汰してしまいました。
娘さん、ご結婚なさったんですね。おめでとうございます。

ご主人、よく我慢なさいましたね~
うちの夫は、周りに心配されるほど大号泣しましたよ。
夫があまりにも大泣きするので、私は逆に泣けなくなってしまいました(笑)
でも、もっとおかしかったのは、夫の兄と弟が
夫に負けないぐらい号泣していたことです。
義弟のところは男の子だけですが、義兄のところは女の子がいて
姪の結婚でこんなに泣いたら、自分の娘が結婚するときはどうするんだろうと心配したほどです(爆)
久しぶりに思い出しました。

>misaさん

ありがとうございます。
本当にお久しぶりです!
以前、まだうちの娘の結婚が現実味を帯びていなかった頃書いた記事に、娘さんの結婚式の時の様子をコメントくださったことがありましたね。エスコートは新婦の母ではなく弟だったと。
あの時、司会をやりたい!と言った夫はギリギリまで同じこと言ってました(笑)

ご主人とその御兄弟が大号泣、というのは珍しいですね。情に熱い家系なのでしょうか。
娘さんもちょっとびっくりされたかもしれませんね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3604-19a6468e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

続・リングピロー «  | BLOG TOP |  » リングピロー

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)