topimage

2017-08

 - 2014.09.15 Mon

朝、家族がまだ寝ている間にウォーキングに行きました。
身支度を整えて、ちょうど6時くらいに家を出ようと玄関のドアに手をかけたら、階段を二三段かけ下りる音がしたので見上げましたが誰も下りてきませんでした。
何かが落ちたかな?と、折角履いた靴を脱いで階段を上がってみたけれど特に何もなく、狐につままれたような気分で出かけました。

こんな話を家族にすれば、「おばあちゃんだ」とか「おじいちゃんだ」とか騒ぎそうなので黙っています(笑)まあ、夫は「うちにはおばあちゃんはいない」と断言していますが。
私は何も感じないけれど、夫が断言するといないような気がしてしまうのは確かです。何かの気配を察知したら、すぐに知らせてくるタイプなので。

母が亡くなった翌朝、夫は私にこんなことを聞いてきました。
「昨日は眠れなくてテレビ見てたの?」

母が亡くなった晩、看護師さんが夜中の1時過ぎに帰られ、その後葬儀社の方がみえて、保冷作業の後帰られたのは2時を過ぎていました。それからシャワーを浴び(覚えてないけどた多分そう)、母の横たわるベッドの下にいつもの通り布団を敷いて私は寝ました。眠りは浅く、夢を見て目覚めはしたものの、比較的眠れた方だと思います。

だから、もちろん夜中にテレビなど見ていません。
我が家のテレビは1階の居間に1台あるだけ、1階に寝ていたのは私(と母)だけだったし、ふすま一枚隔てて私のすぐ隣にあるテレビを誰かが見ていれば眠りの浅かった私が気付かないはずがありません。
「見てないよ」と答えると、ちょっと驚いたようでした。

お通夜は翌々日だったため、翌晩もまだ母は我が家に居ました。
でもさすがに私も疲れていたので、その晩は母とは一緒に寝ず、二階の寝室で夫と一緒に寝ました。
夜中に夫がトイレに起きた気配を感じたものの、久し振りにまとまって眠ることができました。
朝、夫は今度は長男に「昨日の晩、泣いてなかったか?」と聞きました。
トイレに起きた時、1階からすすり泣く声が聞こえたのだそうです。
私が熟睡しているのを夫は見ていたので、その時家に居た長男が母のベッドの所で泣いているのかと思ったらしいです。が、長男は私たちの隣の部屋でぐっすり眠っていたそうです。
「いや、俺じゃない」と長男が答えるのを聞いて、夫も「そう言えば声は一人じゃなかったし、女の人の声だったな」と思い出したようでした。

ひぃぃー一体誰が泣いていたんでしょう?
母ではなかったと夫は断言します。
その晩、私の妹や姪にあたる私の従姉が、それぞれの家でかなり泣いた、とのことだったので生き霊だったのかな、と話題になりましたが、その後夫は我が家において何かの音を聞くことはなくなりました。

そんな二人だか三人だかのすすり泣きを夫が聞きとっている時に、グーグー寝ていた私ですから、私だけが何かを聞きとれるとはとても思えません。
私が朝聞いた音は何だったのでしょうね?

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3633-2e40ae00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

安静とは «  | BLOG TOP |  » 仮装用

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)