topimage

2017-08

安静とは - 2014.09.17 Wed

4年前に入院した時と同じ病気が再発してしまいました。
腸の病気であるにも拘わらず消化器症状が出ないため、4年前は謎の腹筋痛と思い放置し、痛みで眠れなくなり歩くのも辛くなってからようやく受診した時には腹膜炎を起こしていました。

今回はそうなる前に受診したのでごく軽度で、CTでの肉眼所見はあるものの、血液検査では異常が無く、「入院の必要はない」と言われて安堵しました。4年前、入院か通院かの選択を迫られた時、堂々と休めるからと入院を選択して、後がひどく面倒だったので、今回は何が何でも入院は避けたかったのです。
代わりに食事療法と安静を言い渡されたのが、約2週間前のことでした。
先週二度目の診察の時、まだ痛みはあったものの、「良くなっている」と言われ、診察も終了しました。

が、未だに痛みは続いています。
こうなると、食事の制限や安静をいつまで続けて良いのか見当がつきません。
刺激物について二度目の受診時聞いてみたら、コーヒーは1日1杯くらいならOK、激辛の物と揚げ物を食べすぎることは避けるように、とのことだったので割と制限は緩い印象。とりあえずアルコールと香辛料と揚げ物を避けています。

「食事制限より安静が大事」と注意されたので、安静を軽く見ないことにしようと思いました。
が、安静と言われて具体的に何をすれば良いのか、何をしたらいけないのか、よくわかっていないことに気付きました。
先週1週間は残業を断り、飲み会もキャンセル、ウォーキングも行ったり行かなかったり、他はだいたい普通と同じ生活を行っていましたが、完治しませんでした。
今週は同僚たちがあまりにも忙しいのを見過ごせないので残業することにしましたから、もっと積極的に安静に努めなければならないと思いました。週末に予定していた同僚とのバーベキューも泣く泣くキャンセルしました。

「安静とは」で検索すると、ほとんど妊婦さん向けの説明しか出てこないのでよくわかりません。
好きなことに熱中しているなら、身体のためには良いようにも思えますが、とりあえず睡眠時間を増やしてみようと思っています。ブログも更新したりしなかったり、試行錯誤してみます。

● COMMENT ●

安静にとのこと。難しいですね。
普段通りの生活を控えめにという感じなのでしょうか。無理なさらないよう。
病状が落ち着き、アクティブに動けるようになられること、祈っております。

ドキドキしてはいけないということです

ということなので、スネイプ先生を絶って安静にしていてください。
そうすれば
治りたい度がUPして早く治ると思うので。

お大事に

安静のレベル

二尋さん、安静の言葉の理解が 得られてないようです。
自宅で生活する上での「安静」は、トイレに行くとか、食事をとるとかです。
勿論、残業とか(仕事をしている時点でアウトです)ウォーキング、家事も だめです。
心身に負担のかかった事ですし、無理の効かない年代になったと諦めて
大人しくしていて下さい。
どうかどうか、お大事にm(__)m

>kmyさん

ありがとうございます。
気持ちはいつもと変わらないのに、色々制限があってとても歯痒いです。
またアクティブに動けるように、焦る気持ちをなんとか抑えようと思います。

>hajime*mamaさん

ありがとうございます。
ドキドキワクワクはいでつも薬になっていたのですが、今回は仇になっていたのでしょうか。
今日はうっかりPC立ち上げてしまったのですが、明日は控えようと思います(本当か?)

>ノーベルタさん

おっしゃる通り、全然理解が得られていないんですよ(^^;
仕事は週3日の半日勤務だと言ったら「それなら大丈夫ですね」と許可をもらったので、トイレと食事だけというほどの安静度ではないと思うのですが、半日ではなくなった時点で残業はアウトですよね。
とにかく今のままでは治らないことは2週間の間に身に沁みましたので、もっと大人しくしていようと思います。ありがとうございました!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3634-97e507e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スコットランドが独立したら…(921追記) «  | BLOG TOP |  » 音

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)