topimage

2017-10

スコットランドが独立したら…(921追記) - 2014.09.18 Thu

今日はPCは立ち上げないつもりだったのですが、スコットランドで住民投票が始まったとなると、やはり黙っていられませんでした。
もし、スコットランドがイギリスから独立したら、スコットランドのハイランド地方にあると言われるホグワーツと、そこへ向かうホグワーツ特急の出発地ロンドンのキングズクロス駅との間を、国境が隔てることになるのですから。

キャメロン首相がこの住民投票を許可したのは2012年の10月とのことですから、ハリー・ポッターを執筆していた頃のローリングさんにはまさか『19年後』を迎える前にこのようなことが起こるとは思わなかったことでしょう。学校のある場所が、イギリスではなくなってしまう可能性が出てくるなんて…

物語の中では、19年後つまり2017年の9月には、アルバス・セブルス君やジェームズ・シリウス君はお父さんの世代と同じようにロンドンのキングズクロス駅から出発していました。
マルフォイ家はウィルトシャーにあると作品中にも書かれていますが、スコーピウスも同じ日に9と3/4番線にいたところを見ると、やはり学校がスコットランドという別の国にあろうとイギリス在住の魔法使いの生徒はホグワーツに入学するということになりますね。後付けの説明ですが。

元々スコットランドに住んでいる生徒はホグワーツ特急に乗るのだろうか?という疑問がありましたが、独立したらもっと事態は複雑になりますね。
投票の結果がどうなるか、固唾をのんで見守っています。

9/21追記
住民投票の結果、独立にはなりませんでしたね。
この記事を書いてから気付いたのですが、約300年前までは独立した王国だったわけで、つまりホグワーツが創設された頃はそもそもスコットランドもウェールズも別の国だったことを考えれば、今回もしスコットランドが独立してもやはりイングランドの生徒はホグワーツに行くことは間違いなかったろうと思いました。
ただ、ホグワーツ特急がキングズ・クロス駅から出発するようになったのは連合王国になった後だったので、ホグワーツ特急が国境を跨いだことはなかったのでしょうけれど。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3635-8b09e45e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

読書の秋 «  | BLOG TOP |  » 安静とは

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)