topimage

2017-10

東北旅行(田舎館、浅虫温泉) - 2014.10.02 Thu

つゆやきそばでお昼を済ませると、田んぼアートを見に行きました。
ちょうどその時間は電車が1時間に1本で、電車を待つ時間が惜しいのでタクシーに乗りました。「田んぼアート駅まで」と言ったら、「え?」という感じで「こっちでも良いですよね」とちょっと違う方向を指したので、別にどんな道でも良いと思い、「いいですよ~」と軽く言ったら、田んぼアート駅を横目にどんどん離れた方に向かうので詳細を尋ねたら、第一会場と第二会場があることがわかりました。
私たちは田んぼアート駅前にある方一つだと思っていたのですが、そちらは第二会場でした。
帰りのことを考えると駅から離れるのは不安でしたが、タクシーの運転手さんは遠くから来た観光客に、なんとしてでも第一会場の田んぼアートを見せたいようでした。話には聞いていたのですが、なんと私たちが行く三日前に天皇陛下が同じ場所を訪問されたということでした。
こうなるともう帰りの電車など気にせず、天皇陛下と同じものを見よう、と腹を括りました。第一会場を見た後に第二会場の方まで回ってもらうよう、タクシーにはしばらく待っていて欲しかったのですが、止めている場所がない、とのことで電話番号の記されたティッシュをもらって降りました。

大人一人200円の入場料を払って田舎館村役場の展望台に上りました。
アートが大きすぎて、とてもじゃないけど地上からではなんだか判別できないからです。
展望台は天守閣のようになっていて、外に張り出た細い通路をぐるっと一周回って、最後の方に見えるようになっています。
DSC02911a.jpg
最初に目に飛び込んできた岩木山
電車に乗っている間も常に見えていました。美しい形です。別名津軽富士というのだとタクシーの運転手さんが教えてくれました。

列が動くのを待って、角を曲がると目に飛び込んできたのがこれ↓
DSC02897a.jpg
壮大な田んぼアート
天守閣の影が映ってしまうのと、もう時期を過ぎて稲の色が緑でなかったのがちょっと残念です。

DSC02900a.jpg
富士山
これは展望台の位置的に、どう頑張っても正面からは見られないのですが、どうもその辺も計算されて作られているように思われます。

さて、意外と早く見終わって、駅まで歩こうかタクシー呼ぼうかと考えていたら、シャトルバスが目に留まりました。どうも第二会場と行き来しているみたい。ドアを開けてくれたので乗り込みましたが、乗っているのが皆中学生くらいで、「もしや塾の送迎バスかなんか?」と不安になりましたが、やはり第二会場につれていってくれるバスでした。良かった。これで電車に乗れる~

ここでも200円/人払って展望台に上ります。
DSC02903a.jpg
サザエさん一家
横長すぎて全部入らない。

DSC02904a.jpg
サザエさん一家の残り

画像は上手くつなげられないけれど、だいたいこんな感じ
DSC02903b.jpg
クリックして拡大してみてください。すごく良くできていて、顔も崩れてないですよね。

第二会場のすぐ近くに、去年開業したという田んぼアート駅がありました。12/1から3/1までは電車は通過するそうです。
DSC02917a.jpg
田んぼアート駅
ローマ字で書くと「アート」が「ATO」(Aの上に横棒)となるのが面白いです。

ここから再び弘南鉄道に乗ります。無人駅の上ワンマン運転なので、運転席のすぐ後ろのドアのみ開き、そこから入って整理券を取り、現金を払って弘前で降りました。

弘前からはレンタカーを借りていました。(JRの駅レンタカーだと乗車券も特急券も安くなるんです)
レンタカーで浅虫温泉を目指しました。
道路脇のガードレールがりんごのデザインなのがかわいかったです。
DSC02929a.jpg
りんごのガードレール

DSC02935a.jpg
青森湾に沈む夕日

この日の宿は割烹旅館だったので設備には期待していなかったのですが、とても清潔でお洒落なお宿でした。
DSC02937a.jpg
お香の代わりにお茶の葉?

お湯は無色透明でしたが硫黄の臭いのする源泉かけ流しの温泉で、とても気持ちよかったです。
しかし、何より楽しみだったのが食事です。
この日のために何日か前から和食絶ちをしていて、旅に出てからもじゃじゃ麺とかつゆやきそばとか、旅館の料理とかぶらないような食事をわざと選んでいました(笑)

満を持して登場した海の幸はどれもとてもおいしかったです。
DSC02941a.jpg
ウニ!
つるなのおひたしにまぶされているのは鰹節ではなくホタテ節。

DSC02942a.jpg
アワビ

DSC02943a.jpg
大間のまぐろやボタンエビ、奥はズワイガニ

DSC02946a.jpg
これは何だっけ?

DSC02950a.jpg
デザートの小豆アイスクリーム

DSC02962a.jpg
翌朝朝食

空いている場所には後から郷土料理や焼き魚が置かれました。

DSC02963a.jpg
郷土料理の「貝焼き味噌」
だしとホタテの貝柱を乗せたホタテの貝殻を熱し、味噌で味付け、玉子で閉じたもの。半熟のタイミングが難しいからと仲居さんがやってくれました。ご飯に乗せて食べるとご飯が進みます。軽く3杯食べました!

DSC02965a.jpg
デザートの果物とコーヒー

とても洗練されたお味で美味しかったし、仲居さんがとても気さくで親切で、見送りの時も車が角を曲がるまでずっと手を振ってくれていて、とても良いお宿でした。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3646-98bac128
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東北旅行(恐山) «  | BLOG TOP |  » 東北旅行(黒石)

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)