topimage

2017-10

東北旅行(恐山) - 2014.10.04 Sat

浅虫温泉を朝出発し、恐山を目指しました。
20年余り前に友達と訪れた夫がイチオシの場所です。

浅虫温泉付近はホタテが名産のようで、ガードレールにはホタテの形も見られるようになりました。
DSC02970a.jpg
リンゴとホタテ

遠くに見えていた恐山が近付き、やがて上り坂になってきました。同時に両脇に木々が茂り、いかにもな山道を進むと、ある場所で夫が車を止めました。
DSC02985a.jpg
冷水という名のバス停

20余年前、夫が路線バスで恐山に行った時、誰も乗降客がいなかったにもかかわらず、バスの運転手さんがバスを停め、「下車して手を清めてください」と言った場所だとか。その時夫は運転手さんの言葉に従い、今回もそうしたのです。
DSC02981a.jpg
恐山冷水

しばらく行くととても開けた場所に出て、そこが総門の前の駐車場でした。
途中、道の駅で買ったおにぎりを昼食として車の中で食べてから、総門横の受け付けで500円で入山券を買い、入りました。
DSC02994a.jpg
総門
「恐山はおよそ千二百年前、慈覚大師円仁さまによって開かれた霊場です。」と案内の栞にありました。諸国を旅してこの地に辿り着いた円仁が「眼前に広がるまさに霊山と呼ぶべき風光に感じ入られ、地蔵菩薩一体を彫刻し、本尊となさった」とのことですが、感じ入る気持ちがよくわかる場所でした。

DSC02999a.jpg
門を通り正面に山門を見たところ

DSC03006a.jpg
山門をくぐった先の右手に見える薬師の湯(男湯)
これは誰でも無料で入れるそうです。

DSC03007a.jpg
左手の古滝の湯と冷抜の湯(この日は二棟とも女湯)

ここで夫が何としても入りたいと言い、車までタオルを取りに戻りました。一度外に出なければなりませんが、事情を話したら快く通してくれたそうです。
こうなると私も入りたくなります。貴重品の管理の都合で、交代で入りました。
DSC03014a.jpg
古滝の湯
どちらかというと入り口が人目につきにくそうだったのでこっちに入ります。

DSC03013a.jpg
「ご自由に入浴できます」の札

恐る恐る開けてみると、中には誰もいませんでした。
しかし、扉を開けるとそこは簡単なついたてを隔てて脱衣所で、立ち位置によっては戸を開けただけで外から見えるので着替えには神経を使いました(笑)
DSC03016a.jpg
脱衣所
外から見るよりきれいで、檜の香りもしました。

DSC03015a.jpg
脱衣所から浴室を見たところ
ここも仕切りはありません。

DSC03017a.jpg
やや白濁し硫黄臭のあるお湯

風で戸や窓がガタガタ鳴る音の中に人が近付く気配が混じっていないか注意を払いつつ、急いで服を脱いで浴室に行きました。ここまでくれば一安心。
お湯だけで身体を洗って湯船に入ると、ちょうど良い温度でした!窓は閉まっていたけれど、空気の通る板の窓もあり、通り抜ける風が心地よかったです。注意書きに「湯あたりするので入浴は3~10分程度」と書いてあったし、観光の途中なのでそう長くは浸かりませんでしたが、すごく良いお湯でした。

DSC01041a.jpg
ちなみにこちらが薬師の湯
それぞれ泉質が違うらしいですが、こちらの方が濃そうです。

この後地蔵堂でお参りして岩場の方を巡りました。
DSC03018a.jpg
スネイプ先生も一緒

DSC03033a.jpg
荒涼とした風景

DSC03034a.jpg
八葉塔
以前は本当に塔だったようで、巨大なお地蔵様となった今もこう呼んで良いのかわかりませんが、立て札は「八葉塔」でした。

DSC03046a.jpg
宇曽利湖と極楽浜

20140928 (12)a
極楽浜

20140928 (16)a
重罪地獄のスネイプ先生(^^;

20140928 (15)a
修羅王地獄のスネイプ先生(^^;;

全部で2時間くらい霊場恐山で過ごしました。
子ども時代に刷り込まれた心霊現象の山のイメージとは程遠い、敬虔な気持ちにさせられる場所でした。

再び総門をくぐって外に出ると、すぐ横にアイス屋さんがありました。
前日泊まった旅館の仲居さんが恐山の麓出身の方で、「恐山アイス、ぜひ食べてきてくださいね♪」と言われたので、迷わず買いました。
DSC03072a.jpg
霊場アイス(恐山盛り!!)

DSC03073a.jpg
バナナ味
夫が選んだもの。昔懐かしいバナナのフレーバーのアイスでした。

DSC03074a.jpg
ブルベリー味
私が選びました。これは香料など無添加と書かれていましたが、確かに香りも甘みも薄かったです。乳成分も感じられなかったのですが、「霊場アイス」という名前だけでも食べる価値はあると思いました。

● COMMENT ●

極楽浜とスネイプ先生

二尋さん
こんにちは!
東北旅行、恐山も行かれたのですね!
私も20年くらい前ですが、プライベートで一度行きました。
有名な場所ですが、行くのがなかなか大変なためか、観光客も少なく
空気がぴたっと止まったような、とても穏やかでもあり、不思議でもあり
独特の空気感がただよっていたような記憶があります。
宇曽利湖や極楽浜も、とても美しかったのを覚えています。

いろんな場所へスネイプ先生が行かれていますが、恐山とスネイプ先生が
とても似合うなあと思いました^^
生活感が無い場所だから、妙に似合うのかしら^^

温泉も私も誰もいなかったので入りました。
ちょっと勇気がいる感じですが(笑)秘湯的雰囲気で、お湯もいいですよね!
銀婚のご旅行とのこと!おめでとうございます!!

リピートしたいです

アリーシャさん、こんにちは。
祝福のお言葉、ありがとうございます!

恐山、初めて行ってきました。
俗っぽいイメージを持っていたので違って驚きました。静かで美しくて、あの場に霊場を築こうとした気持ちがわかると思いました。

スネイプ先生、似合うと期待していました(笑)
イメージとは違いましたが、やはり似合いましたね。荒涼とした場所にマッチするのかも…

温泉、アリーシャさんも入られたのですね。
私も勇気が要りましたが、20年前のアリーシャさんならもっと勇気が必要だったでしょう。
でも、本当に良いお湯ですね。また入りに行きたい、できれば今度は宿坊に泊まってみたいです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3647-3894c0fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東北旅行(大間、下風呂温泉、帰路) «  | BLOG TOP |  » 東北旅行(田舎館、浅虫温泉)

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)