topimage

2017-10

蘇った呪文 - 2014.12.05 Fri

タイトル、ハリー・ポッターとは関係ありません。

今日の英会話では、珍しく文法を習いました。
haveを使った、「誰かに~してもらう」という使役の文章についてです。
例えば
I had my dog examined by a vet.(私の犬を獣医に診てもらいました)

同じことを言い換えると、
I had a vet examine my dog.

先生は最初の文のdogに下線を引き、「物」と書き、その後のexaminedにも下線を引き、p.pと書きました。
p.pとは、past participle、過去分詞のことです。

次の文のa vetには「人」、examineには「原形」と書きました。

これを見て、私は突然ある呪文が蘇りました。
「have 物 pp、have 人 原形不定詞」
これは、高校1年の時の怖い先生が、とにかく暗記せよ、と無理矢理覚えさせた呪文でした。当時はその呪文が何を意味するかもちろんわかっていたのですが、長い年月を経て意味を忘れてしまっていました。それなのに、時々何かの拍子に突然思い出す、不思議な呪文だったのです。
今日のレッスンで、この呪文の続きも思い出しました。
「人に~してもらう、させる」だったと思います。
これを思い出したら、今日与えられた例文も次々に解けました。

この先生のことは、8年前、このブログに書きました。「怖い先生

杖を持った怖い先生は、魔法の呪文も教えてくれていたのでした。

● COMMENT ●

英語嫌いだったんでそんな呪文はと覚えていないですが

私のブルーフェアリーは
専門家にしてもらう時 (美容師さんとか 医師とか )の場合 ave +PP
その他の場合 自分にしてもらっても他人にしてもらっても get +pp

それならhave+ppはいらないのではとなるのだが、すべてをget +ppにしてしまうと
品がないらしい と教えてくださいました。

英語の道は奥深く険しい

英語嫌いだったけど

私も別の先生にはクラスで最低点だったからと塔案用紙放り投げられたこともあるけど、この呪文は覚えてました!結構命懸けな感じの授業だったから(笑)

高校時代に覚えさせられた呪文にgetバージョンもあったのかどうかは覚えていませんが、今日のレッスンではgetもやました。
私は、getはちょっとカジュアル、と習いました。品がない、に通じるのでしょう。
いずれにしても、会話の中でささっと使うのは難しいです。

ブリリアントな魔法使いに

来週にでも聞いてみます、フェアリーテールはロンドン在住日本人だから、ホストファミリーの階級によって言葉がアッパーかもしれません。アメリカ出身の先生と違うかも

Re: ブリリアントな魔法使いに

えーと、ブリリアントな魔法使いがアメリカ出身で、フェアリーテールがロンドンでホームステイしている日本人の方、ということでしょうか?ちょっと混乱しています。
私の先生もオーストラリアとカナダで学んでアメリカで働いたことのある日本人なので、またちょっと違うかもしれませんね。

混乱させて申し訳ありません

ブリリアントな魔法使いはUK出身私のホームタウン在住で
フェアリーテールは日本人でロンドン在住です
あと 期間限定UK出身ワイルド系もホームタウン在住です

二尋さんの先生は日本人だったんですね・・・USA出身だとばかり思っていました。

なるほど~

>アメリカ出身の先生 というのは、私の先生のことを指していらしたのですね。
フェアリーテールさんは日本人とのことだし、ブリリアントな先生はUK出身だと思ってたけど違ったのかな?と思いました。
私の先生は日本人です。7年半前にお教室の門をたたいて以来ずっと同じ先生。途中先生自身がブラッシュアップのため留学されて一度は閉鎖されたお教室ですが、再開された時、すぐに申し込んだ大好きな先生です。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3709-1ef53c89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

調べ物 «  | BLOG TOP |  » オフ会参加募集(再募集)

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)