topimage

2017-10

チームワーク - 2015.01.31 Sat

昨日、また同僚たちと脱出ゲームに参加してきました。
内容は全く違いますが、1チーム6人で力を合わせて謎を解く、という点は同じです。同僚の息子さん(小5)を含む12人、2チームで参加しました。

見ず知らずの人とチームを組むより、知っている者同士でチームを組む方が、役割分担も上手くいきます。
最初に10問ほどの問題用紙が配られているのですが、計算、漢字、地理、頓知、絵、それぞれ違う能力が求められるので、私は予め「数字はダメ」と計算系は苦手アピールをしておき、漢字を当てる問題を解きました。熟語とか漢字の構成とかは結構好きです。
計算の得意にYちゃんは、前回も難なく数読を解きましたが、今回もあっさり計算していました。しかも、絵も得意、課題の絵を描き一回でクリアしました。

最初の筆記試験に通ると次は実技試験。
これはやり方がわかっていてもすぐに出来なかったり、運がかかっていたり。
ストップウォッチを指定された秒数できっちり止めるとか、計算した答えをカウンターでカチカチやって表示させるとか。
私は、「自分がかっこいいと思うポーズであることする」という超恥ずかしい課題に取り組みました。しかし、カッコいいポーズを取ることに集中するあまり、課題の方がおろそかになり、クリアできず、同僚にバトンタッチ、その同僚もクリアできず、三人目でようやくクリアできました。

実技試験をクリアして手に入れた次のヒントでその最後の作戦を考えるのですが、ここに来て困ったことになりました。
完全に役割分担していたため、私には全体が見えていなかったのです。同僚たちが議論している内容が、全く理解できず、呆然としました。
今回は前回よりずっと貢献できたと思っていたのですが、それは自分が関わった問題をちゃんと解いた、というだけ。
話について行けない、と感じた時点で最初の筆記試験の解答全てに目を通せばよかったと後になって思いましたが、制限時間が迫っていて、あと10分、あと5分とカウントダウンされるとますます冷静ではいられなくなりました(最初から持ち時間は1時間)。
結局今回も我がチームは脱出できませんでした。
ものすごく惜しいところまでは行っていたんですが。最後に来て話についていけなくなっていたのは私だけではなかったこともわかり、チームワークというものは、ただ役割分担すれば良いというわけではないことを実感しました。

IMG_2722a.jpg
チームで記念撮影した時の一部

街は救えませんでしたが、とっても楽しかったです。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3768-f65609dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日の出 «  | BLOG TOP |  » イチジク

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)