topimage

2017-08

ジム体験 - 2015.03.30 Mon

今日、近所のジムの二週間の体験コースに申し込んできました。
ウォーキングや自分なりの筋トレなどをしてきましたが、十分な効果が得られず、もっと本腰入れて体力の向上と筋肉量のUPを図りたいと思ったのです。仕事をできるだけ長く続けるためにも、老後楽しく遊ぶためにも、筋肉量を増やすことは必要不可欠だと常々感じているんです。

新聞の折り込みチラシによると、今なら入会金無料とのことでしたが、やってみて合わない場合も十分考えられ、とりあえず半額になっていた二週間の体験コースを申し込むことにしました。
申し込みと同時に開始するつもりで着替えを持参し、途中駅前の靴屋さんで室内履き用にスニーカーも買っていきました。
エレベーターで上がって、受付に声をかける時ドキドキしたこと!
この“初回のドキドキ”を味わいたかったのもありましたが。

受付のお姉さんがとても感じの良い方で、きびきびと手続してくれました。
ロッカーのカードキーを受け取り、更衣室で着替える戻ってくると、インストラクターのカウンセリングが始まりました。
初心者用の6回コースをまずはやってみることにしました。

最初に血圧を測ると、普段は110前後/70~80なのに、133/90という高めの数値が出ました。やはり初めてのドキドキは血圧に影響及ぼしているようです。ただ、運動を制限するほどの高血圧ではなかったので、続けました。
運動を制限する基準が、やはりリハビリと違って少し低めに設定してあります。運動の負荷がリハビリの比ではないですもんね。

最初に自転車こぎを5分余り行い、次に器具を使った大胸筋の筋トレをしました。
向かいの鏡を見ながら、運動の形の説明を受けます。肘の高さの注意や運動の方向の説明の仕方など、とても勉強になります。鍛えたい筋肉の名前が器具に書いてあったり、インストラクターが話してくれたり、目的の動きが理解できるの点が強みだと思いました。
(余談ですが、インストラクターの動きが、オードリーの春日さんに見えて、笑いたくなるのを堪えていました)

次は広背筋。これが非常に難しく、言われた通りにやっていて広背筋を使っているのかどうか自信がありません。次回以降の課題だと思いました。

次は下肢の伸展運動。器具にはどんな筋肉名が書いてあったか見ませんでしたが、スクワットのような動きが出ます。
その後、マット上でストレッチをして、それから腹筋運動をしました。腹筋は普段からある程度やっていたものの、やはり十分ではなく首の力で補おうとする崩れた姿勢となっていました。徐々に鍛えて美しいフォームでできるようになりたいものです。

その後はウォーキングマシーンの使い方を教わって、30分ほど早歩きして終わりにしました。(歩いている間、正面のテレビを見ていました)
だいたい2時間弱をジムで過ごしました。体験コースにつくというプロテインの試飲もして、なかなか充実した時間でした。

人に筋トレを指導する身でありながら、自分ではちゃんとやっていない私にとって、色々勉強にもなりました。とりあえず週3回の頻度で2週間、合計6回やってみて、本格的に入会するかどうかはその後決めようと思います。

● COMMENT ●

すご〜い‼︎! わたしは運動が大嫌いなので、間違ってもジム通いなんて想像できないです。
二尋さんのいろいろ挑戦するパワーにいつも脱帽。お料理教室から絵画に英会話、ジムなど、やる気のある二尋さんを見習わなくては。

〉kmyさん

運動は私もあまり好きではないのですが、筋肉量の差は老後のQOLを左右すると痛切に感じるので、楽しい老後のために頑張ろうと思いました。それに、筋肉が増えて代謝がアップしたらたくさん食べてもいいかな、と思って(笑)

あれもこれもと欲張りすぎだと思うこともありますが、色々な体験をしてみたくてついつい新しいことに手を出してしまいます(^^;知らない世界に足を踏み入れるわくわくが好きで…


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3826-5deef49c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

桜 «  | BLOG TOP |  » ウコギ

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)