topimage

2017-11

 - 2015.04.06 Mon

今日見た夢は、ちょっと変わっていたので記録しておこうと思います。
私は母と電車に乗りました。
電車は特急で、母の席は個室みたいな特等席。旅行に行く母のために私は荷物を運びこむために乗っただけで、自分はすぐ降りるつもりでしたが、素敵な個室なので部屋を見回していたりしたら、いつの間にか電車が動き始めていて驚きました。

夢の中では、東北新幹線に乗っているつもりだったので、「次上野で停まるかしら?まさか次の停車駅は仙台ってことないよね?」と焦りまくる私。
などと言っているうちにすぐに停まったので、「ああよかった、上野で停まった」と言いながら私だけ電車を降りました。

ところが、靴を履いていません!
さっき、個室で寛いで脱いでしまったのでしょう。
閉まりかけたドアを手で押さえて、母に「靴投げて!」と言いました。
投げてくれた靴は私のものではありませんでしたが、四の五の言ってる時間はなく、カバンも持っていないことに気づいた私は「カバンも投げて!」と言って投げてもらい、事なきを得ました。

降りたホームはとても寂しいホームで、上野ではなさそう。
駅名を示す看板を探したら、「く」とだけ書かれていました。
珍しい駅名だと思って、スマホで撮影しようとすると、なかなかピントが合わず、苦労しました。

夢はここまででした。
目覚めてしばらくぼんやり座って、あのまま母と一緒に乗っていたら、どうなっていたんだろう?と思いました。まるで、宮沢賢治の作品の中の「銀河鉄道」みたいでした。


● COMMENT ●

不思議なゆめですね。
夢は自身の内面の何かを示唆してくれているのではと感じます。河合隼雄さんの著書を読んでいろいろ考えたりしたこともありますが、自身の分析は難しいものですね。
物語のような夢、とても印象に残りました。

>kmyさん

夢の中でもなんとなく「奇妙だ」と感じていて、特に降りたホームの寒々しさはこの世のものではなかったように感じました。
銀河鉄道にしろ、ハリーがダンブルドアと話したキングズクロス駅にしろ、列車とかプラットホームには、何かこの世とあの世をつなぐもののようなイメージがあります。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3833-72fc40cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

遅刻 «  | BLOG TOP |  » bot

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)