topimage

2017-07

シンデレラ - 2015.05.09 Sat

今日は一日早い母の日として義母宅を訪問し、帰ってきてから夫と二人でシンデレラの映画を観てきました。
夫は以前からシンデレラを観に行くことに難色を示していて、これは一人で行こうかなと思っていたのですが、今回映画を観に行こうとなった時、特に観たい作品がなかったみたいでシンデレラにつき合ってくれました。字幕で観ました。

帰宅後夕食の食卓を囲んで感想を述べ合ったところ、なんと夫は「とても良かった」と言いました。「今年、これからどんな作品を観るかまだわからないけれど、上位3位以内には入るのではないか?ディズニー映画に限って言えば、アナ雪よりもマレフィセントよりも良かった。ベイマックスとは同じくらい」とのことでした。

内容は概ね古典的だったので、特にネタバレとはならないような気もしますが、継母のことについてはやはりこの映画ならではの視点があったし、一部の粗筋も書くので、続きはは畳みます。気にならない方はどうぞ。


どうしても継母からの視点が気になってしまいます。
エラ(シンデレラ)は両親に深く愛され、両親も互いに愛し合っていましたが、エラのお母さんは病気で亡くなってしまいます。その悲しみは年月とともに思い出に変わり、エラのお父さんは新しい人生を生きる決意をし、夫を亡くしたばかりのトレメイン夫人と結婚しました。
このエラのお父さん、新しい人生を生きる決意をした、みたいなこと言いながら、前の奥さんの影をずっと追っていて、全然愛情を次の奥さんに注いでないように思うんです。それをエラとの会話で知ってしまう継母の傷ついた顔が私は忘れられません。
意地悪してもしても純粋で無垢なエラがますます気に食わない継母ですが、それもやはり人間として共感してしまいました。私も夫も。
その継母とシンデレラの本音を言い合う場面が良かったです。
結局シンデレラは継母を許しますが、姿を消してしまう継母達。その理由はわかりませんが、「何が、『許す』だ」と私は思ってしまう。ちょうど「ハリーはスネイプを許したのよ」とローリングさんが言った時と同じ感覚です(笑)
勇気と優しさを失わないよう努めてきたシンデレラが、幸せを手に入れて、心から嬉しいと思って涙した私ですが、やっぱり継母が哀れでなりませんでした。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3862-c347d4a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

似ているけど «  | BLOG TOP |  » 見えているのに

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)