topimage

2017-07

面接 - 2015.07.05 Sun

今日、英検の二次試験を受けてきました。
その場では思ったような受け答えができなかったのに、後からいくつも簡単な文章が思い浮かんできて、「なぜあの時言えなかったんだー!!」という思いで、はらわたが煮えくり返るようなのですが、そんな思いすら記録しておかないとすぐに忘れてしまうので、思い出のためにも、傷口に塩を塗るような作業をしようと思います(笑)

元々は、「なんとかなる」と思い、予想問題集など見ていなかったのですが、金曜日のレッスン時に、先生が準2級で出やすい動詞をテスト形式で出していった際、一緒に受験するHさんがすらすらと答えるのに恐れをなし、レッスン後そのままBOOKOFFに行って、面接用の問題集を買ってきたのでした。ええ、スネイプ先生の動詞を抜き出してる場合じゃなかったんです(笑)

それでも金曜日には開かず、土曜(つまり昨日=試験前日)になってようやく開き、かなり焦りました。とても受かる気がしなくなってしまったのです。それでもテクニック的にはいくつか参考になるものもあったので、それを使おうと思っていました。

今日は雨降りで、少し早目に待ち合わせた駅に行ったら、すでにHさんが来ていらして、予定していた電車より一本早く乗れ、乗り換え後も一本早かったので、会場の私立高校に到着した時は、まだ受付が始めっていないくらいでした。
8:40から受付が始まり、私とHさんは別の控室に行くことになりました。まあそうだろうと思いました。きっとそれぞれ違う教室で、違う試験官を相手に面接するのでしょうから。

携帯電話の電源を切り、それを指定された袋に入れて、首から下げて受験します。
面接カードに名前や受験番号など記入して少し待っていると、携帯を入れた袋に書かれた数字で呼ばれました。私は、6番教室の1番最初の受験者でした。

部屋の外で待っている間の緊張したこと!
扉を開ける時、参考書通りに'May I come in?'と言わなくて良い、と英会話の先生には言われていましたが、閉まった扉を何も言わずに開けて'Hello'と言うのは失礼な気がして、参考書通りにしました。

試験官は私と同世代の日本人男性でした。
入っていくと、面接カードを渡すように指示し、荷物は隣の机の上に全て置き、あなたはそこに掛けなさいと英語で言いました。
'Thank you'と答え、座りました。
以下、日本語で書いてありますが、全て英語で会話しています。

この後の記憶が定かではないのですが、まずグレードの確認をしてそれから相手が名乗ったように思います。全然覚えていませんが(笑)私も名前を聞かれて答えると、私の名を呼び、'How are you?'と聞かれました。
これは想定の範囲ですから、とても緊張していますが、大丈夫です。あなたはいかがですか?とほぼ定型のあいさつをすると、私は元気です。リラックスしてくださいね、という答えが返ってきました。

その後、紙を渡され、20秒黙読するように言われました。20秒の短かったこと!
次に大声で音読するよう指示され、読みました。発音もイントネーションにも区切る部分にも自信はないけれど、とにかく読みました(笑)
次にその文章に関する質問をされたのですが、何を言われたかわかるのですが、Howで質問されたので、By ~ingで答えたかったのに、~に相当する動詞が、提示された文章内のあるべき場所にない気がしてしばらく目で追っていたら、もう一度同じ質問をしてくれました。やっと見つけて答えましたが、合っていたかどうかはわかりません;;

次にさっきの文章の下に示された絵に描かれた人物たちの描写をできるだけ詳しく述べるように、と言われました。
これはまあまあ動作としてはわかりましたが、決定的なミスだと思ったのは、a flowersと単数だか複数だかわからないような言い方をしてしまったことでした。
次に、もう1枚のイラストに一人の人物が描かれていて、今どういう状況か説明しなさいと言われました。
描かれていたのは、ドアの前でポケットをさぐる女性の姿で、吹き出しに鍵のイラストが×で消されたものも描かれています。
女性はドアを開けたいが、鍵を失くした。だからドアを開けられない、という状況を英語にしました。

ここまではまあまあ良かったんです。
次にそれまでの紙をひっくり返すよう指示され、言葉で質問されました。
今後、学校ではコンピューターを使う授業がメジャーになると思いますか?というような内容だったと思うのですが、定かではありません。
とにかく私は自信をもってYesと答えましたが、なぜ?と聞かれたとき、その理由をコンピューターを主語にして答えかけてから上手くいかなくて生徒たちを主語にするという方法に切り替えたのですが、結局文章にまとまらないうちに、次の質問に移ってしまいましたー!

英会話の先生に、「自分の考えを無理に言おうとしないこと。適当な話を作り上げて会話を成立させること」と教えられていたのに、自分の考えを言葉にしようとしてしまい、失敗しました。

次の質問は100円ショップによく行きますか?という質問でしたが、それも馬鹿正直にどういうことに使うものを買いに行く、と説明しだして、うまく伝わらなかった気がします。

それで全て終わりました。
あー、思い出すと悔しい!控室にいる間、なんで自らストレスを与えるようなことをしてしまったんだろう?と思いました。登山する理由を「そこに山があるから」と言ったりしますが、そこに山もないのに、わざわざ自分で山を作ってまで登ろうとするなんて、何やってるんだろう?と自問し、まあ、それが私なんだなあ、と苦笑していました。

どんな結果が出るでしょう?今回ダメでも、1年間は一次試験免除で受験できるそうですが、また同じ苦しみを味わうのは辛いので、できればぎりぎりでも良いから受かりたいです。

● COMMENT ●

お疲れ様でした。
面接、YESかNOで答える質問があるようですよね。わたしは英語全然ダメですが、娘と問題集をみて喋っていた時に、自分の答えはYESでもNOって答えると理由が簡単なのあるよね、なんて言ってましたが。

こうして実践されていて凄いですね。スネイプ先生の動詞チェックのほうが大変の気もします。
似たような意味の単語の微妙なニュアンスがわかれば、きっともっと本が楽しいといつも思うのですが...実力は着いていくのがやっとレベル。
勉強は続けていきたいです。日々の積み重ねですね。

>kmyさん

はい、YES NOで答えるものがありました。
自分の答えがYESでもNOって答える柔軟性が私にはなかったです。
自分の考えを言葉にしたいと思っていたのもありますが、考えてもいないことを英語で言う、などという高度な技を私は持っていないんです。今後はとりあえず「何か英文を生み出すこと」を課題に勉強していこうと思います。

スネイプ先生に関係のあることはとてもモチベーションが上がりますが、動作や表情が特殊なので、勉強には結び付きにくいです(笑)
本を読むこと、グループでの会話、筆記試験、初対面の人との面接、色々体験してみると自分に欠けているものがわかってくるような気がします。ただ、わかってきてもなかなか身につかないのが辛いところです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3904-02867db6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

読書会議題 «  | BLOG TOP |  » ズキューン!

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)