topimage

2017-06

映画鑑賞の思い出 - 2015.07.18 Sat

NASAの無人探査機が冥王星の様子を撮影した画像がメディアで紹介されていますが、今朝、漫画家の松本零士さんがその画像を興奮した様子で見ている姿をテレビで見ました。作品に冥王星が描かれた当時、その星は謎に包まれていました。想像で描いたというその描写が、実際の姿に近かったとのことで、私もそれを見てだいぶ興奮しました。
松本零士さんの作品、「銀河鉄道999」は、昔とても好きで、テレビシリーズも毎週楽しみに見ていたし、映画も、観に行きました。
映画を観に行った時のことを思い返すうち、忘れていた色々なことが蘇りました。

一作目は友達数人と観に行きました。
友達と言っても親しいのは一人だけ、知らないわけではないけれど、私以外はその子を含めみんな美術部でアニメ好き、他に一緒に「999」を見てくれる友達がいなかったので、そこに混ぜてもらいました(笑)
当時市内の映画館では上映されていなくて、電車で隣の隣の市まで行きました。
夏の暑い時期、外で並んで待って、やっと入った気がします。
当時は入れ替え制ではなかったので、一度見終わってからそのまま続けて観ました。

二作目(さよなら銀河鉄道999)は、一人で行きました。
この時が私にとって初の一人映画です。(いくつの時、と書くと公開時から歳がバレるので明かしませんが)
この「さよなら銀河鉄道999」の上映は、もう一本別な映画とセットになっていました。いわゆる「二本立て」というやつです。
この時、もう一本セットになっていたのが「HEAD」というモンキーズ主演の映画です。
モンキーズは、昔、私が大好きだったロック・グループです。
大好きな「999」と「モンキーズ」が両方観られる!ということで、一緒に行ってくれる人など当然いない組み合わせでしたから、一人で行ってしまいました。これは市内の昔ながらの映画館(今はもうない)で上映されました。入り口で券を買う時、とてもドキドキしました。小学生の男の子が多くいたような覚えがあります。みんな「999」目当てだったので、モンキーズの映画の方は、つまらなそうでした(笑)

この時、買ったパンフレット、数年前に見つけた様子をこのブログに書いたことがありました。(「思い出の品々」)今も家のどこかにあるはず…

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3917-c460f433
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

片付け «  | BLOG TOP |  » 箱根旅行(3)

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)