topimage

2017-09

仮装 - 2015.09.18 Fri

二、三週間前、英会話のレッスンで、ハロウィンの話題になりました。
去年、ハロウィンの仮装をしてきてと指定された日、私は牝鹿の仮装をして臨み、Hさんは河童の顔がプリントされた手ぬぐいをお面のように顔に巻き、お手製の腰蓑つけて参加、Kさんは黒い大きなポリ袋をつなげて作ったドレスに身を包み、クリスマスツリーの金モールをまとって美しい立ち姿を披露しました。先生はミッキーマウスが何かの時に着ていた魔法使いのローブのような真っ赤なローブと青い三角帽を被っていました。
金曜日のクラスの全員が仮装した様子を写真で見た他の曜日の方々が、来年はみんなでやりたいと言っていた、とは聞かされていたのですが、今年もハロウィンが近づき、本当にそれを実現させる動きが出てきたのです。
毎年キッズのクラスを対象にしたハロウィンパーティは休日に催されていたのですが、大人を対象としたパーティはありませんでした。レッスンの時間を使えば大人でもできるのでは?一つの曜日に集まるのは難しいけど、二つくらいに絞れば調整できるのでは?という提案をした方がいらしたとのことで、金曜日以外で参加できる日を聞かれました。

仮装は必須とのことだったので、「去年と同じ牝鹿の仮装をします!」と言ったら、「二尋さんはダメです」と先生にきっぱり言われてしまいました!「他の方は去年と同じでも良いんですが、二尋さんに限ってはダメです!」と。
ひぇええ~!去年の牝鹿と一昨年の大鍋を頑張って作ったために、何か仮装に命かけてるみたいに思われたのでしょうか?
私、別に毎回斬新な仮装で人を驚かせたり喜ばせたりするのが目的でやってたわけじゃないんです!ハリポタの世界観の中で自分のやりたい姿を追求していただけなんです。去年の牝鹿は一つの完成形なので、今後はそれ一本で行こうと思っていたのです。友の会の集まりでは。
まさか、英会話教室で仮装の更新を求められるとは!
「ハリー・ポッターを題材にしなくても良いですよ」と言われたのですが、まさか!それでは本末転倒です。繰り返すようですが、「仮装」が目的ではなく、ハリポタの世界観に浸りたいだけですから。
折り良く友の会のハロウィンパーティにも申し込んだので、ここは一つまた考えてみようと思いました。牝鹿を超えるアイディアはないでしょうけど、お金を使わず何かやってみようと思いました。

今日、英会話のレッスンに行ったら、申込用紙が配られました。大人の部、初のハロウィンパーティの実施がいよいよ決定になったのです。本腰入れて作ってみようと思います。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3966-38813395
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

南水 «  | BLOG TOP |  » Pottermore

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)