topimage

2017-10

半寿のお祝い - 2015.10.10 Sat

昨日は仕事の後、義母の半寿(八十一歳)のお祝いで温泉に一泊してきました。
漢字の「半」を分解すると八十一になるから半寿、と呼ぶ、ということはつい最近知ったのですが、そのことの記念というより、元気なうちにできるだけ旅行に連れて行きたい、というのが実の親や義理の親含めて三人亡くしている私たちの、残った一人に対しての思いからです。

ススキの名所の前を通ったので、チェックインの前に寄りました。
IMG_5163a.jpg
青空の下に広がるススキ原

すすき
ススキとパペットスネイプ先生
(同じような写真を何度か撮ってますが)

お宿は、昨年オープンしたという新しいホテルです。
IMG_5174a.jpg
ツインのベッド
奥に義母が、手前に私が寝ました。

IMG_5171a.jpg
高い位置にある畳スペース
ここに布団が一組敷かれ、夫が寝ました。

IMG_5175a.jpg
エスプレッソマシーン
朝食後に淹れて飲みました。ラウンジに行けば無料のコーヒーもありましたが。

IMG_5170a.jpg
冷蔵庫の中にあった無料のビール
他にも缶のウーロン茶とオレンジジュースが三本ずつと2Lのミネラルウォーターがあり、料金に含まれているのでしょうが、冷蔵庫の飲み物が無料、というのは嬉しかったです。

IMG_5173a.jpg
部屋からの景色
ほんのり紅く色づき始めた山が、夕日を受けて一層赤く見えているのが美しかったです。

大浴場はなく、全室に源泉かけ流しの半露天風呂がありました。
DSC01674a.jpg
手前のシャワーブースと奥の半露天風呂

IMG_5185a.jpg
熱い源泉で満たされた檜の浴槽
熱いので、どうしても水を足さなければならないのが残念でしたが、ものすごく泉質が体に合っていて、浸かっている時も、湯上り後もとてもとても心地よかったです。

IMG_5180a.jpg
浴室から見える富士山の裾
実際は浴槽からは柵の隙間から2/3くらい見えているのですが、撮影しようとするとどうしてもこれくらいしか写りませんでした。

夕食はダイニングでしたが、個室になっていてとても寛げました。
DSC01637a_201510101630539fc.jpg
前菜の盛り合わせと巨峰の食前酒

DSC01642a.jpg
ハモと松茸のお椀

DSC01644a_2015101016325243d.jpg
お造り
スズキや赤貝、カワハギのお刺身は醤油で、野菜類はバーニャカウダソースで、いただきます。
DSC01645a.jpg
横から見ると逆さ富士

DSC01648a.jpg
レンコンのおまんじゅう

DSC01650a.jpg
鮭といくらの親子焼き
焼いたイクラは、味が濃縮された感じで美味しかったです。

DSC01653a.jpg
お凌ぎの柚子そば
柚子のいい香り、量が少な目なのがちょうど良いです。

DSC01667a.jpg
豚肉と牛肉の炙り焼き
自分で焼いて、塩かわさび醤油で食べます。美味しかった~♪
DSC01668a.jpg
松茸を含むキノコごはんと赤だし

DSC01673a.jpg
巨峰のゼリー

全て美味しくいただきました。義母も健啖家で、ほとんど残さず食べ、さすがに最後のキノコごはんだけは半分くらい、残りは私と夫で分けて食べました。

部屋に戻ると二度目の入浴をし、少しテレビも観ましたが、義母に合わせて早く寝ました。
朝、またそれぞれ一風呂浴びてから、朝食の会場に向かいます。昨日と同じ個室です。
IMG_5189a.jpg
富士山がしっかり見える

IMG_5191a.jpg
ボリューミーな朝食
我が家の一週間分の朝食のおかずじゃない?と自分で言ってから、本当に一週間に分配するならどの組み合わせ?などと考えて食べました(笑)

ちょっと贅沢な旅で、義母にもとても喜んでもらえたし、私も楽しかったです。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3984-d4035669
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シリウスの誕生日 «  | BLOG TOP |  » smell

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)