topimage

2017-08

筋トレ方法 - 2015.10.12 Mon

今日が体育の日だからというわけではありませんが、ジムに行ってきました。今、週に3回くらい行ってます。

先週の木曜日に筋トレのメニューの一部とやり方が変わりました。
入会してから半年経ち、その間一度メニューの見直しがあって、今回二度目の見直しです。
相談したのは女性のインストラクターでした。経験豊富らしく(インストラクターの着ている服の色でレベルがわかる)、しかも女性なので一度相談したいと機会を窺っていました。

今までのメニューを見せ、今までやってきての感想を述べ、いくつか質問に答えると、「今までは筋肉の変化があまり見られない女性向けの方法だったけれど、今度はちょっとモリッとするやり方にしてみましょうか」と言われました。

元々健康維持、豊かな老後を過ごすために筋力向上目的で通い始めたジム、モリッとしていてもしていなくても目的さえ達成できていれば良いのですが、ちょっとモリッとするのも悪くないな、と思いました(笑)
さらに、インストラクターは「私が作るのはちょっと自分を追い込むメニューなので、辛くなるかもしれません」とも付け加えましたが、私はどちらかと言うと自分を追い込むのが好きなので、ますますやってみたくなりました。

筋肉には二種類あって、私が今まで鍛えていた筋肉は持久力のある筋肉で、それは鍛えてもあまり目立たないようです(学生時代、二種類の筋肉についてはいやというほど習ったのに、あまり自分のこととして捉えたことがなく、実感はありませんでした)
女性にはこちらの筋肉の鍛える方法を勧めているとか。
その方法で筋トレしていたわけですが、少しずつでも確実に重い錘(おもり)でできるようになっていたのに、確かに見た目にほとんど変化ありません。
これから鍛えようとしているのは瞬発力のある筋肉で、こちらが鍛えられると筋肉がモリッとするらしいです(笑)

実際に使うマシンは大差ないのですが、問題は負荷と回数。
今までは例えば10kgの錘(おもり)で、15回を3セットやっていたのが、一段階重くして15kgの錘で10回×4にする、とのことです。
しかもインターバルは30秒から長くても60秒で。

今までやっていた8種類のトレーニングのうち、6種類は同じマシンで、負荷を上げて回数を10回×4にしてやってみました。非常にきついですが、まあなんとかやれそうです。あとの2種類のうち一つはマシンが変わりましたが、これもなんとかできそうです。

一つ、大きくやり方の変わったものがあります。
大腿四頭筋を鍛える方法で、今まではレッグプレスという、マシンを使って膝の屈伸運動を行っていました。
先週の木曜日からは、バーベルを肩に担いでスクワットする方法に変更になりました!
鏡に映った自分の姿に、何か方向性が大きく違ってしまった感じがして仕方ありませんでした(笑)
けれども、インストラクターは私のスクワットの姿勢がとてもきれいだと驚いた声を上げ、「二尋さん、絶対フリーウェイトやった方が良いですよ」と言いました。フリーウェイトとは、マシンを使わないトレーニング方法で、スクワットもそうですが、ベンチプレスなんかもこれに当たります。いずれ上肢もマシンからベンチプレスに替わる日が来るかもしれません…
この日、美しいと褒められたフォームで10回×4やったら、膝がガクガクになり(いわゆる膝が笑うという現象)、ちょっとの間まともに歩けませんでした。しかも翌日からすごい筋肉痛!通勤も仕事も旅行も、実は強烈な筋肉痛のある状態で行ってました。

休日の今日(体育の日だし!)、ジムのフリーウェイトのエリアには、健康目的とは思えない、ボディービルディングとか何かの競技目的のような屈強な男性たちがたくさんいてちょっと気後れしましたが、美しいフォームを意識しつつ、10回×4のバーベルスクワットやってきました。
折しも筋肉増量キャンペーンが始まり、早速登録してきました。三か月後、筋肉量がどれくらい増えているか楽しみです。
モリッとしてきたらなお嬉しいです♪

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/3986-3da3f518
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スコットランドラグビー «  | BLOG TOP |  » シリウスの誕生日

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)