topimage

2017-06

イギリス菓子作り体験(1) - 2015.11.18 Wed

宇都宮のホテルをチェックアウトすると、夫の運転する車で今回の目的地まで連れていってもらい、そこで解散しました。夫はそのまま仕事に戻り、私はお菓子教室に参加しました。

なぜ宇都宮!?と思われるかもしれませんが、私は1年以上前からここのお菓子教室に参加したいと思い続けていました。イギリスのお菓子を教えてくれる教室なんです。
多分、ハリーの好物の糖蜜タルトか何かを検索していて見つけたのだと思いますが、まずは素敵なブログとの出会いがありました。
Galettes and Biscuits ~イギリス菓子のある毎日~
こちらのブログを見ているうちに、イギリス菓子の造詣が深いこの先生にお会いしてレッスンを受けたいという気持ちが高まりましたが、毎日チェックするわけではなかったので気がつくとレッスンの参加募集が終わっていて、なかなか機会に恵まれませんでした。たまたま2か月くらい前にまだ募集を締め切っていない状態を見つけ、プライベートレッスンを申し込みました。
先生のご自宅でのレッスンです。

ドキドキしながら伺うと、素敵な先生がとても温かくフレンドリーに迎えて下さいました。
生徒は私の他にもう一人いらして、その方はもう1年ほど通われている、とのことでした。
とにかくきさくな先生で、写真を撮ること、ネット上に載せること、ブログへのリンクなど全て快く応じてくださったので、私もできるだけ詳細なレポートをしようと思います(笑)

まず通された席でウェルカムドリンクをいただきました。
IMG_5549a.jpg
エルダーフラワーコーディアルのお湯割り
なんと!このエルダーフラワーは自家製だそう。お庭のエルダーも後に見せていただきました。

IMG_5588a.jpg
エルダーの木
この木にびっしり花がつくのだそうです。

テーブルの上には小物がかわいらしくセッティングされていました。もう一人の生徒さんの口ぶりでは、毎回違うセッティングのようです。
IMG_5546a.jpg
お盆に乗った砂糖など

このお盆に書かれた文字と絵の説明もしてくださいます。
IMG_5547a.jpg
BUILDER'S TEA
BUILDERとは配管工事をするような人のことで、そういう人達が飲む濃い紅茶にミルクと砂糖をたっぷり入れた紅茶をBuilder's teaというのだそうです。

もう一つ目を引くのが黒い鳥、パイバードです。
私は実物を目にするのは初めてでした。
パイの中の蒸気を逃がし、亀裂ができるのを防ぐとか。また肩で支えて大きなパイが陥没するのも防ぐ役割があるとか。
パイバードばかりが有名だけれど、元々は煙突型のパイファネルが使われていたそうです。

IMG_5548a.jpg
パイファネル

この日作ったのは、パーキン、トフィーアップル、スパイスキャロットとレンティルスープ、それからソーダブレッドです。
それぞれのレシピをいただき、説明を聞きました。
上記のメニューを見て、「なるほど~」と思った方は相当のイギリス通ですね。
パーキンは、11月5日に行われるガイ・フォークス・デーに食べるお菓子だそうです。先日ブリティッシュヒルズのツイートにも11月限定でパーキンおいてます、みたいなことが書いてありました。
パーキンについての説明は、先生もこちらで書いていらっしゃるのでご覧ください。
パーキン
ガイ・フォークス・デーは、ハリー・ポッターの1巻1章でも出てきます。ヴォルデモートが消えて祝賀ムードの魔法使いがお祭り騒ぎしたのを、マグルの天気予報で「ガイ・フォークスデーはまだですよ」と言う場面。

このパーキンについては、あらかじめウィキペディアで調べておいたのですが、そこには、綴りはParkinとPerkinの二種類あって、Perkinの方はミッドランドの訛り、と書かれていました。ミッドランドといえばしピナーズエンドがある場所!!
しかも、労働者でも買い易かったオーツとブラックトリークルを原料にしている、とのことで、これはスネイプ先生も幼少時代に食べたんじゃないか?という妄想が広がります。パーキン自体は、ヨークシャーが出だそうです。

IMG_5552a.jpg
ブラックトリークル(赤い缶)とゴールデンシロップ(緑の缶とボトル)、モラセス(奥の蓋だけ見えるボトル)
どれも糖蜜。ブラックトリークルは日本では手に入らないそうで、ほとんど同じというモラセスを使いました。

IMG_5550a.jpg
ミックススパイス
日本で売っているミックススパイスとは違う香り、先生ももう一人の生徒さんもイギリスに行った時には買っているらしいです。次は私も!と思いました。

こちらのお菓子教室は実技型で、その場で作りました。
IMG_5557a.jpg
取っ手のついた陶器のボウル

IMG_5558a.jpg
モラセスとゴールデンシロップとバターを火にかけているところ

IMG_5562a.jpg
薄力粉、重曹、ジンジャーパウダー、香辛料、ブラウンシュガーにオートミールを加えたところ

IMG_5563a.jpg
粉類にバターを溶かしこんだ糖蜜を加えたところ
長い柄の木のスプーンで混ぜるのがなかなか楽しかったです。

IMG_5564a.jpg
型に流し込んだところ
オーブンで45分ほど焼きました。

IMG_5577a.jpg
焼き上がり!


● COMMENT ●

美味しそうな写真を

ありがとうございました。実際に食べたいですv-406

Re: 美味しそうな写真を

イギリスらしい香りと味で美味しかったし、糖蜜たっぷりなのも嬉しかったです。
ちょっとのタイミングのずれで食べていただけないのが私も本当に残念です;;

わあ!とうとう宇都宮まで遠征されたんですね!
エルダーフラワーが自家製というところに先生の並々ならぬイギリス好きを感じます。私も初めてイギリスに行ったときにパイバードを買ったのですが、そういえば飾りっぱなしで全く使っていません^_^; 今度使ってみようかと。
続きも楽しみにしてますね!

>yumaさん

そうなんです!以前お会いした時は「予約がいっぱい」とお話ししましたが、ようやくプライベートレッスンを申し込めたんです。最初は一人のつもりでしたが、他の方とご一緒はいかが?と勧められて、そうしていただきました。レッスン料も少しお安くなるんです。
次の記事にも書きますが、生徒さんの多くがエルダーを求めていらして、やっぱり興味の対象が似ているな、と感じました。
パイバード、yumaさんもお持ちなんですね。私はそもそもパイすら作ったことありませんが、これからはパイにも挑戦し、いつかパイバードもイギリスで買ってきたいです~

続き楽しみにしてくださって嬉しいです✨
なんとか今日中にUPできるように頑張ったのですが、明日早朝から出かけるため早くも消灯時間となってしまいました。次の更新は月曜日あたりになりそうです💦


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/4016-37b9c716
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イギリス菓子作り体験(2)  «  | BLOG TOP |  » 小旅行

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)