topimage

2017-10

Mahoutokoro - 2016.01.30 Sat

Pottermoreでホグワーツ以外の国の魔法学校の詳細が更新されました。
作品中にはボーバトンとダームストラングが他国の魔法学校として登場し、ブラジルにも魔法学校があることが4巻でロンのセリフからわからりますが(ビルにブラジルのペンパルがいたという話)わかりました。
後にPottermoreで日本にもMahoutokoroという学校があり、桜の杖を持つ者は特別視される、という情報が出ました。

今回さらにマホウトコロの詳細が明らかになったわけです。「Pottermore Mahoutokoro
MahoutokoroのMahouは魔法だとして、tokoroはどの字が当てられるのか気になるところです。
私としては、「処」が良いように思います。ウィクショナリーによれば「」が場所という意味を示すのに対し、「処」には場所だけでなく役割を持った機関という意味もあるからです。

最初の部分を要約すると、
・11校(世界には登録されている魔法学校が11校あるとのこと)のうちで一番人数が少ない
・7歳で入学するが、11歳になるまでは寮には入らずウミツバメに乗って通学する
・マホウトコロの宮殿はmutton-fat jadeで作られ、南硫黄島のてっぺん位置している

後はローブのサイズや色が変わるシステムや、クィディッチが日本に伝わったいきさつなどか書かれていますが、全部書くのは面倒なので、それぞれ訳すか翻訳(色々な人が訳しています)を探してみてください(不親切)
それにしても南硫黄島とは!母島よりさらに南、沖縄本島よりも緯度が低く、あまり「日本」という気候ではなさそうです。でも頂上付近は霧がかかることが多いとのことなので、いかにも魔法の何かが隠されていそうです。
建物が玉でできているところやローブが最終的に黄金色に変わる点など、中国っぽいのでは?とツイッター上でも多くの人が指摘していました。確かに日本の学校なら、木を使って欲しいです。


今朝から(実際は昨晩遅くから)ツイッター上ではその話題で持ちきりでした。
最初は訳すことから、次第に内容についての考察や、制服のデザインなど自由な想像がタイムラインを埋めていきました。
そのうち、公式で発表された図の中にマホウトコロの生徒と思われるツバメの背に乗ったピンクのローブ姿が発見されると、ちょっとがっかりした空気も流れましたが、再び自由な発想で制服をデザインしては発表する様子が見られました。
やっぱり日本の魔法学校ですから、着物とか袴とか色々想像したいですよね。
Wizarding_Schools_Map_LR1.jpg
話題の画像

ハリー・ポッターの楽しみ方としてはスネイプ先生の心の機微にばかり関心を寄せる私ですが、日本の魔法学校の詳細にはやはり胸が躍ります。実は私も通ったのでは?という気もして(笑)

● COMMENT ●

ニュースになっていたので読みました。日本にもあると言うことで、11歳になっていない子どもとその親は今年からそわそわしますね!
詳細過ぎずに想像の余地を残して欲しいと思います。
日本ですから、入学許可証が来るのは今頃の時期かもしれませんね。
山村留学的な体をとって行けそうです。なんだか楽しくなります。
授業もホグワーツとは違うカリキュラムがありそう。箒も高級竹箒がありそうですね。

>kmyさん

ニュースになっていたんですね。知りませんでした。
>詳細過ぎずに想像の余地を残して
ローリングさんには、いつもそう思わされます。
隙のない設定は、想像が狭まりますよね。

入学の時期、気になるところです。ローブが薄いピンクからスタートするのは、いかにも桜の時期にふさわしい気がします。
授業、ホグワーツと違いそうですね。私は詳しくないのでわかりませんが、陰陽道などやっていそうというご意見も多数Twitter上でも見かけました。
高級竹箒!とても素敵な発想です!日本の箒は職人によって丁寧に作られていて、実は安定した飛び方をするんじゃないかと思っています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/4074-b11331e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

来客 «  | BLOG TOP |  » 新組み分け

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)