topimage

2017-04

名簿作り(追記あり) - 2016.02.22 Mon

マンドリンのOBOG 会の会計をしています。
今年も会報を発送する日が近づいてきました。
会報とともに会費を徴収する振込用紙を郵送するのですが、今まで振込用紙には口座番号と金額の他に、それぞれの住所氏名と会員番号を印刷していました。振り込む側は特に何も書かなくても郵便局に持っていけば振り込みできるというわけです。
口座番号と金額を印字するサービスは郵便局で有料(1枚1円+α)でやってくれますが、住所氏名はこちらで印刷するしかありません。それでも、その方が確実に入金者は増える、ということで前会長は500枚以上の振込用紙の印刷を自宅でやってくれていました。

今年は、それを省こう、という話になりました。あまりにも印刷の負担が大きいからです。
会報を充実させれば入金者も増えるはず、という見方もあるようです。それもそうかもしれないけれど、会報を充実させたことによって、今まで82円で送れていたものが140円になる可能性も出てきました。定型だけれど50gを超えそうなので…
一通につき58円のコストが余計にかかり、さらに振込用紙の手抜きにより会費納入が減ってしまったら、今年度は赤字の可能性も高いです。
その辺一生懸命説明しているつもりですが、今一つ伝わらず、「会報の充実が吉と出るか凶と出るか」と言ったお返事が返ってくるだけです(笑)

送料がかかるのは仕方ないとしても、せめて振込用紙の印刷だけはしたいです。振り込んだ人の手書きの文字から何年卒の誰だと把握するのは難しそうで、記録をつける私の手間が恐ろしくかかってしまうのも目に見えていますから。
そこで、「私が印刷を担当します」と前回の役員会で申し出たのですが、前会長の作った名簿が筆○○というソフトで作られているため、ソフトの購入からスタートしなければデータを受け取れない、と言われてしまいました。
万事休すか、と思ったのですが、昨日ふと思いつきました。
昨年度振り込んだ人の振込用紙の写しが私の手元に保存してあるので、それを見ながら自分で住所録を作ればいいじゃないか!と。
500人を超える全員分の名簿作りは間に合わなくても、去年振り込んだ140名余りならなんとかできるかも。しかも、振り込んだ実績のある人なら今年も振り込んでくれる可能性も高いです。

というわけで、今日から入力を開始しました。
振込用紙に印刷するフリーのアプリもダウンロードし、インストールしてあります。発送日である今週土曜日までの間に、できる限りのことをしてみようと思っています。
ドラクエやっている場合じゃなくなりました(笑)
ブログの更新が滞ったら、名簿作りに手間取っているか、印刷に悪戦苦闘しているんだな、と思ってください。

(2/23追記)
折角ダウンロードしたアプリ、空欄があるとエラー表示が出て、電話番号や名前の読み方がわからないから断念してしまいました。二つダウンロードしたけれど、どちらも全て埋めないとダメで、結局名簿作り自体も途中でやめました(^^;;

(2/24追記)
やっぱり諦めきれないので足掻いてみることにしました。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/4094-089aac22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オデッセイ «  | BLOG TOP |  » 「120%」二回目

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)