topimage

2017-11

才能ある魔法使い - 2016.03.13 Sun

もう一つのブログに神秘部のベールのことを書いたら、「蘇りの石がそれに近いのでは?」というコメントをいただきました。
確かに、死を研究し、不完全ながらも向こうの世界に行った魂を呼び戻すような「蘇りの石」は、ベールを研究している神秘部の職員に、何か大きなヒントを与えそうです。

ここで思ったのですが、墓石の文字が判読しにくいほど昔に死んだ三男イグノタス・ペベレル。兄たちも同じ時代に死んだと思われますが、ダンブルドアの言うように「才能のある危険な魔法使い」だったとして、三人寄れば文殊の知恵ではないけれど、とてつもなく強力な魔法のアイテムを三つも作ったのだとしたら、その後何百年も経って、同じレベルの魔法のアイテムが作られないことの方がおかしいように思いました。
ダンブルドアとグリンデルバルドとが、二人で死の秘宝に取りつかれて探したわけですが、この二人はむしろ自分たちで作る方に発想が向いていたら、もしかしたら同レベルの杖や死者を蘇らせる何かを作ることはできたのではないか、という気がします。

同様に、神秘部でもいずれ誰かがあのアーチとベールの謎を解明する日が来そうです。
そして、ハリーは最強の杖を持ち主が敗れないまま死を迎えようとしましたが、いつか同じ力を持つ杖を、誰かが作ってしまわないか、とも思ってしまいました💦

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/4108-a3ab38b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホワイトデー «  | BLOG TOP |  » 幸せな日常

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)