topimage

2017-07

劣等感 - 2016.05.20 Fri

今日は英会話の日でした。
今日の参加者は、金曜日のメンバーとしてお付き合いの長いKさんとHさんと私の三人でした。(Kさんは私より16歳年上、Hさんは22歳年上です)
この三人の時は、座る場所も決まっていて、先生に向かって右が私、真ん中がHさん、左がKさんです。いつの間にかこれで固定してしまいました。
そして、それぞれが近況を話す時、ほぼ必ず私が最初に発表します。だいたい何か新しいニュースがあるため早く話したいからです(今日は先日の脱出ゲームについて話しました)
ロールプレイをする時もだいたい私が先です。これは早く終えてしまいたい、というのもありますが、他の二人の英語能力が優れているので、後でやると見劣りするからです(笑)正直に言えば、私は二人に劣等感を持っているんです。

Hさんは、勤勉で、たぶん若い頃は優秀だったのではないかと私はにらんでいるのですが、英検の時もそれは熱心に勉強したし、面接も私ほど苦労しませんでした。レッスン中、知らない単語が出てきて「?」となっている時、Hさんは大抵その単語を知っています。それをKさんはいつも感心します。

Kさんは英検を受験しなかったので、私達の方が英語ができると思い込んでいるように見えます。
でも、そんなKさんは日本語であれ英語であれ、実に良くしゃべるんです。間違っても臆せずしゃべり、直してもらえばちゃんと覚えているのです。そして次回、次々回すぐ活用します。また、相槌もとても上手です。
私は自分の言いたいことを伝えることはできますが、相手の言葉に相槌を打つのがとても難しく、聴いていることを示すのに、うんうんと頷くのが精一杯、気の利いた言葉の一つも出てきません。習ってはいるんですけど、上手く活用できないし、そもそも覚えていないんです(汗)

さて、今日の帰り際に靴を履きながら日本語で会話をした時のことです。語彙の豊富なHさん、Kさんに「単語をたくさん知っているから、イギリス行ったらたくさんお話できますね」と言われたら、「日本語も英語もしゃべらない私なんてダメ。今までも外国行った時ほとんどしゃべってない」と明かしました。
なるほど、英語の語彙が豊富で文法をわかっていて相手の言葉を理解できても、元々無口な人は、そもそもしゃべらないのですね!確かにHさん、レッスン中も口数は少ないです。
みんな大なり小なり劣等感を持っているのがわかり、ちょっと安心しました。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/4164-8bce0cf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

障子張り «  | BLOG TOP |  » ケーキ

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)