topimage

2017-08

実習生 - 2016.08.09 Tue

職場に実習に来ていた学生の、8週間に及んだ実習期間が間もなく終わりを迎えようとしています。
実習生は毎年来ているし、だいたいどこの学校も同じくらいの実習期間ですが、当たり前ながら実習生の態度は様々で、結果、良い意味でも悪い意味でも、記憶に残る学生とあまり記憶に残らない学生が出てきます。
今いる学生は、私が直接の指導者だったわけではないけれど、今後記憶に残ることになりそうです。

私が実習生と密に関わるのは、訪問リハビリの見学に連れていく時です。
どの学生も特に手を出すわけではなく、見ているだけですが、ぼんやり見ているのか、高い意識をもって見学しているのかは、受け答えでだいたいわかります。
今回の学生は、後者でした。しかも、見学中はメモを取らず「メモ取らないな~」と思っていたのに、その後提出されたレポートには、私が口頭で言った現状や問題点、今後の課題などが漏らさず書かれていて、舌を巻きました。まるで先生の言ったこともハリーの言ったこともきちんと覚えているハーマイオニーみたい!

私などは実習中全く余裕がなくて、毎日平均3時間睡眠で死にそうだったのに、彼女は少なくとも5時間は寝ていて、時には7時間寝られるという余裕。実際かなり落ち着きがあります。ハリポタ全巻を読んでいるとのことで、昼休みに話したこともあったし、実習期間途中で配信されたポケモンGOの話だってしました。実習中、たとえ移動中だってゲームやる余裕など私にはありませんでしたが、やるべきことはやった上でのゲームですから大したものです。
職員との会話も出過ぎた感じはなく、でも話しかけられればきちんと答える様子は好感が持てるし、なかなか面白い子なので、この職場に来てくれないかしら?との期待を込めて、何週間か前に将来の希望を聞いたら、どうも精神科を希望している様子で残念に思いました。

今週末で実習を終える彼女と会えるのは、今日の次は金曜日だとわかり、帰り際に「会えるのはあと1日だけだね」と声をかけ、「うちに来てくれたらまた会えるのに」と言ったら、「実は迷ってるんです」と答えるではありませんか!
一緒に過ごすうちに、我が職場の良さに気付いてもらえたみたい。そうやって実習生から求人に応募して採用されたスタッフはOTにもPTにもSTにも居て、今回の実習生の指導者もかつては実習生でした。
やりたい分野と、職場の雰囲気を秤にかけるのは難しいでしょうし、学校に戻ればまた違う考え方も出てくるでしょうが、8週間一緒に過ごす中で“働きたい職場”と感じてもらえたことは嬉しいです。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/4224-8c991a9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

高校時間 «  | BLOG TOP |  » 今日の空

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)