topimage

2017-04

苦手な場所 - 2016.08.19 Fri

今日はまた見通しの悪い交差点を通らなければならない日でした。
通る道があまりにも難易度が高くて泣きそうになった、先週からの新規のお宅への訪問です。
あの日、同僚たちに「聞いてよ聞いてよ」と話しただけでは不安は解消せず、昨日、科の一番上の上司に本当に困っている旨伝え、アドバイスを乞いました。

Yahoo地図を見ながら、それがどこなのか説明します。
その場所自体は上司は知らなかったのですが、その何本か先の路地の奥までは訪問で行ったことがあったとのこと、やはりバックで入るしかなかったと教えてくれました。
入り方も問題ですが、一番困っているのが細い路地からバス通りに出る時、両側に壁が迫っていて、相当車を前進させないと両側が見えないこと。歩行者も見えず、見えた時は車との距離が恐ろしく迫っているんです。
ジリジリ出ていくと、他の車が避けようと反対車線にはみ出て走っていくのと、歩行者を立ち止まらせているのが辛くて先週は一度引っ込んでしまったのですが、上司は、その状態に耐えて視界が開けるまでジリジリ前進し続けよ、とアドバイスしてくれて、心を強く持とうと二度目の今日に臨みました。

往路は、もうどこで曲がっていいかわかっていたのと、後続車がいなかったのとで、反対車線の車が途切れるのを待って反対車線に大きくはみ出してから左折しました。
なんとか曲がったら、先週はすんなり入れた駐車場にチェーンがかかっていて、外さないと敷地に入れませんでした。
チェーンをなんとか外し、真ん中のポールを引き抜いてから駐車場に入りましたが、そこま狭く、どういう入り方をしてもギリギリでした。(先週はバックで入ったからもっと簡単でした)駐車したらまたポールを入れてチェーンをかけて、それからやっとお宅に入ります。

帰りはまたチェーンとポールをどけて車を出し、またポールとチェーンをセットし、その後いよいよ一番の難関、見通しの悪い交差点の右折、に挑戦です。
上司に言われた通り、ジリジリと進んで(歩行者が結構通るので、本当に少しずつ少しずつ)、やっと両側の視界が開けた!と思ったら、右側の車が私のために止まってくれていました!手を挙げてお礼の意を示しつつそのまま前進すると、反対車線の車も止まってくれました。そちらにも手を挙げつつ、ハンドルを切って、無事右折できました(笑)
つくづく人の情けはありがたい、と今週はまた別の意味で泣きそうになりました。
おかげで今週も無事乗り越えられました。来週も頑張ります!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/4232-40b62de9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シン・ゴジラ «  | BLOG TOP |  » 2/3

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)