topimage

2017-06

マジクエストとシネマコンサート - 2016.08.29 Mon

先日27日の楽しかった一日を振り返ります。

シネマコンサートは夜の部18:30からのチケットを取っていました。
せっかくなのでそれまでの時間を来月いっぱいで営業終了になるマジクエストで遊びたいと思い、お誘いしたところ、何人かの方が応じてくださいました。
マジクエに最初から一緒に行ったのは、果穂さん、きじゅさん、yumaさんです。
マジクエに行くのは2013年10月に同僚たちと行って以来、ほぼ三年ぶりという事実に今驚愕しています。(道理でやり方忘れているわけです)今回で多分14回目になります。
電池が消耗していて、取り換えるには210円かかるということで今は無料で借りられるレンタルワンドに登録してあった自分の杖の情報を入れてもらい始めました。が、やっぱり自分に忠誠心のない杖で戦っているような気分になり、途中で電池を入れてもらい自分の杖でプレイしました(笑)

IMG_8537a.jpg
散らばる墓石

IMG_8538a.jpg
書棚

IMG_8540a.jpg
大鍋と自分の杖

2時間プレイしてランチからのなさんが合流しました。
IMG_8545a.jpg
ホットドッグ
刻んだピクルスがたっぷりでとても美味しかったです。

IMG_8546a.jpg
オリジナルレモネード
最近こういうジャーに入って出てくること多いですね。
思った以上に甘みがなく、驚きましたが美味しかったです。

ランチの後もう1時間プレイしました。
何度も来ていたのに、いくつかあるアドベンチャーのうち、最後の一つを私はわざとクリアしていませんでした。正確にはドラゴンを倒すイベントをしないとクリアできないものなのですが、10回目でドラゴンを倒していたにもかかわらず、挑戦しなかったのは、クリアしてしまうとこのアトラクションへの興味自体がなくなってしまうと思ったからです。
でももう最後だと思い、満を持して取り組んでみました。
IMG_8550a.jpg
画面の中の大鍋
ここで出されたヒントを元に、最後の謎を解いて最後の敵を倒しに行きます。
この謎を解くのがなかなか難しかったです。
最後の敵との戦いは、スタッフが手取り足取り教えてくれたおかげで倒せたのですが、以前何度もドラゴンに挑戦してもなかなか勝てず、やっと勝てた時の感動を思うと、今回も自分の力だけで戦いたかったです。多分もう一回訪れる機会はなさそうなのでこれで良かったのでしょうけど。

IMG_8564a.jpg
ルーンを集めることに専念した甲斐あってとりあえず帰った時点ではランキング1位

この後表参道に移動してお茶しました。ここからはさざなみ竜さんとこはねさんも合流です。このお店に来るのは三度目です。表参道駅に着いたら雨が降っていて、私はスリザリンの折り畳み傘をさしました。どうもこの傘、表参道でばかり使われてます。

IMG_8568a.jpg
新しいメニューのマスカルポーネチーズケーキとイングリッシュブレックファースト

ここでyumaさんから上田のお土産をいただきました。
IMG_8569a.jpg
「黙れ 小童!!」
2時間近くお茶を飲みながら話した後、yumaさんとはここでお別れして、それから有楽町を目指しました。

ほぼ開場時間と同時くらいに着きました。
パンフレットやグッズの列は人がたくさんいました。が、買いにいったきじゅさんとこはねさんが意外とすんなり戻ってきたので私も一人でパンフレット買いに行ってきました。中身は英語だといことですが、喜んで購入しました。
席は26列目右側と28列目左側にそれぞれ三人ずつ分かれて座りました(チケットはくじ引き)私はきじゅさんとさざなみさんと一緒で26列目の右の方でした。

国際フォーラムのAホールって一体何人収容できるのでしょう?26列目は後ろの方かと思ったら、真ん中くらいでした。
スクリーンも舞台上のオーケストラも良く見える席でラッキーでした。

以下、感想にはネタバレもあるので隠します。






オーケストラのメンバーが入ってきて、拍手で迎えるのは他のコンサートと同じですが、曲の紹介などはなく、コンサートマスターの一礼と最後に入ってきた指揮者の一礼があったくらいで始まりました。
映画が始まって、まず「え?」と思ったのは、音楽がスピーカーから流れてきたこと。
コンサートホールで聴く音とは明らかに違って聞こえ、最初エア演奏かと思ってしまいました💦コンサートホールでないから音響は期待できないとは思っていましたが、舞台上にいくつものマイクが設置され、そこで拾った音がスピーカーから聞こえてくるので、映画の音声とマッチしていて時々生演奏であることを忘れました。
ホールによっては音が遅れて伝わるようなところもあるし、映画の音声とずれても困るからわざとそうしているのかもしれませんが、舞台から音が聞こえてこないことがちょっと残念でした。
演奏は本当に素晴らしく、非の打ちどころがなかっただけに、音の良いもう少し小さいホールで聴いてみたかったです。

そんなわけで私はコンサートを聴くというより、映画を観ることの方に重点が置かれていましたが、映画を普通に観ている時には気づかなかったような主旋律ではないメロディーとか楽器の存在に気づけたのが面白かったです。
特に秀逸だったのは、三頭犬を寝かしつけるハープの音が、実際ハープのソロだったことです。
拍手を送りたいくらい見事でした。(それだけに生の音聴きたかった)

演奏中は携帯電話の使用、カメラやビデオの撮影は禁じられていましたが、休憩時間は舞台にふれなければ大丈夫だったので撮りました。
IMG_8574a.jpg
スクリーンとオーケストラメンバーの席

映画の方ですが、賢者の石は映画館でも観たしテレビでもDVDでも繰り返し観たはずですが、最近ではツイッターで実況しながらの鑑賞が多かったので、じっくり観たのは久しぶりでした。
改めてしっかり観ると、やはり気付くことが多く、例えばハリーたちがベッドを抜け出してハグリッドに会いにいったことを告げ口したドラコもまた罰則を受けることになった時のハリーの腹黒そうな表情は、こんな表情してたっけ?と思うほど自分の中で修正されていました。いつもドラコの困惑した顔ばかり見ていた気がします。
スネイプ先生の行動も、見えない場面でもこの時こうしていたんだろうな、と考えながら見ていました。
リチャード・ハリスさん演じるダンブルドアもすごく良くて、最近はダンブルドアへの辛辣な言葉を隠さないことが多い私ですが、最後の大逆転さえ彼が発表すると許せてしまう気がしました(笑)

観客は割と静かに見守っていましたが、小さな笑いは随所で起こったし、私も何度か反応したし、やっぱりハリポタ大好きな人達(しかも大勢)と一緒に鑑賞するのは興奮するものだと思いました。
またまたすっかり魔法の世界に入り込み、素敵な時間を過ごしました。

終了後、一緒に行ったメンバーの他、友の会の友達と語り合ったり、ツイッターで相互フォローしている方に声をかけていただいたり、交流もとても楽しかったです。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/4240-c665bc65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

4回目 «  | BLOG TOP |  » 過密スケジュール

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)