topimage

2017-09

2016年イギリス旅行 5日目(後) - 2016.09.28 Wed

この日の午後のプログラムはベイキングのレッスンが入っていました。
スコーンを作ってアフタヌーンティをするのですが、お昼の後すぐにアフタヌーンティでは食べられないから夕食の時間に食べましょう、ということでレッスンは夕方からでした。
それまでの間、また少し付近を散策しました。

撮ったつもりでSDカードがずれていて撮れていなかったチャペルにもう一度行きました。
DSC02539a.jpg
チャペル入口
ここの鍵は開けてあって誰でも入って良いから見てねと初日に言われて、2日目の午後に恐る恐る入って撮影したのに、もう一度開けることになるとは!

DSC02542a_20160928162816601.jpg
チャペル内部

DSC02545a.jpg
最前列の席
サッチャー元首相は子ども時代ここのチャペルに通っていて、最前列に座っていたと聞きました。

その後少し歩いて牧場の羊たちを眺めてから戻りました。
IMG_8919a.jpg
途中で見かけたエルダーベリーと

戻って一息ついて、スコーン作りに挑戦です。
IMG_8923a.jpg
小麦粉を量るHさん
self-raising flourという膨らし粉入りの小麦粉を使いました。

材料を混ぜてまとめてのばして型で抜いて、余った生地は何の形にしても良いよ、蛇でも良いし、と言われたので蛇にしようとして…
IMG_8924a.jpg
なんとなく長い紐状になった生地と丸く型で抜いた6つ

オーブンで焼いている間にサンドイッチ作りもやってみる?それとも私に任せて休憩する?と聞かれたので、手伝う方を選びました。
作ったのは、サーモンとクリームチーズ、チェダーチーズとバジル、ハムとホースラディッシュのサンドイッチ。
イギリス人は乾いたサンドイッチをとても嫌う、とのことのでバターを塗っては蓋を被せ、中身を挟んでは被せ、乾燥しないよう常に気を配っているのが印象に残っています。
IMG_8926a.jpg
蓋を被せられた三種類のサンドイッチ

一通り作り終えると、盛り付けやテーブルセッティングするから7時に来て、と、しばし休憩しました。
午前中洗濯させてもらって干していたのですが、この日は一日霞がかかったように湿度が高く、ずっと干しっぱなしになっていたのをこの時取り込みました。
DSC02558a.jpg
隣の牧場との境近くに張られたロープに干した洗濯物
この写真は、まだ湿っていた15時頃に撮影したものです。

IMG_8929a.jpg
洗濯バサミは木製で趣がある上、専用のバッグに入れてロープに吊るせば、外すそばからしまえます。

IMG_8928a.jpg
取り込んだ洗濯物は素敵な籠に
18時半頃でほとんど日は落ちていましたが、9割方乾いていました。

7時にキッチンに入っていくと、焼き上がったスコーンは既に並べられていて、2個と蛇だけが残っていました。
DSC02567a.jpg
意外と焦げなかった蛇型スコーン

DSC02570a.jpg
三段トレイに盛り付けられたスコーンとサンドイッチ
一番上は苺で、ローズマリーが飾られています。
中段のスコーンは先に半分に割られ、ストロベリージャムとクロテッドクリームと生の苺、アプリコットジャムとクロテッドクリームが乗せられていました。お皿に飾られているのはラベンダーの花です。クロテッドクリームは、冬は手に入らず、夏場だけのもののようです。冬は生クリームを使うのだそうです。
下段のサンドイッチのお皿にもローズマリーが添えられています。
庭のハーブの使い方が素敵です。

IMG_8937a.jpg
美しくセッティングされたテーブル

IMG_8944 (2)
パトリシアさんお気に入りの銀のナプキンリング
ナプキンリングもナプキンも食器も素敵~♪

お茶を飲みながら、パトリシアさんはアフタヌーンティの歴史を説明してくれました。
上流階級の人の見栄の張り合い、紅茶の値段が高くて紅茶専用の棚には鍵をかけ召使は奥様から鍵を受け取って奥様の見ている前でお茶の葉を量ったことなど面白い話をたくさん聞かせてくれました。
同時にパトリシアさんは各人のお皿の様子に気を配り、空になるとサンドイッチを勧め、サンドイッチがなくなるとスコーンと苺を勧め、また空になるとスコーンと苺を勧めます。同時にお茶の量も見ていて、完全に空になる前にトップアップしますか?と聞いてくれました。
サンドイッチは最後までしっとりしていて美味しかったです。

IMG_8945a.jpg
紅茶はもちろんミルクティー
おしゃべりしながらゆっくりアフタヌーンティーを楽しむ素敵な時間を過ごしました。

テーブルを立つ前に、ラスさんとパトリシアさんが改まった顔で私の名を呼び、「明日の予定はどうなっているのか教えて」と言いました。
私も翌日の一人旅のことで相談があったのでタブレットを用意してありました。
すぐに説明できたのですが、心配そうな表情を浮かべながら親身に相談に乗ってくれる様子に、二人に守られているような安心感を覚え、まるで本当の両親のようだと感じていました。

● COMMENT ●

本当に素敵なホームスティでしたね💕
英語レッスンの時に先生が、受け入れファミリーに当たりはずれがあるんだよねと話されていましたが、大当たりでしたね😁

ところで、持参したおだしのお土産は、いかがでしたか?
今日のブログを拝見し、着物や帯の生地で作ったナプキンリングもお土産にいいかなと思いました💕

>Charさん

はい、とても素敵なホストファミリーで、逆に次によそに行くのが怖いくらいです(また行く気)
英会話の先生にはだいぶ脅されました。先生が学生時代ホームステイした先にはドラッグやってるお姉さんがいた、とか(笑)

持参にした出汁は喜んでいただけましたし、使い方も説明したのですが、実際使うところは見ませんでした。
アンティーク好きは日本の物にも当てはまる様子だとわかりました。帯の生地で作ったナプキンリングも喜ばれると思います~


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/4260-d698e2f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2016年イギリス旅行 6日目(前) «  | BLOG TOP |  » 2016年イギリス旅行 5日目(前)

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)