topimage

2017-06

2016年イギリス旅行 6日目(前) - 2016.09.30 Fri

イギリス6日目は、一人旅の日でした。
朝8時40分の電車に乗るため、朝食はいつもより30分早い時間に用意してくれました。
いつもジャムを入れていた容器はegg coddlerといい、この日は本来の使い方で登場しました。
IMG_8949a.jpg
egg coddlerに入った何か

蓋を開けると
IMG_8951a.jpg
半熟卵
卵を割り入れ、蓋をして湯煎にかけて作る料理だそうです。
チャイブの入ったバターを内側に塗って、刻んだハムも入れてから卵を入れたのだとか。容器がまだ熱く、時間が経つとどんどん中まで熱が伝わって固くなる、柔らかい方が好みなら早く食べて、とのことで早く食べました。添えられたトースはディップして食べます。
ハムの旨味と塩味がうっすらついて、チャイブの風味も合わさってとても美味しい卵料理でした。

IMG_8950a.jpg
ピーターラビットのカップに入った紅茶

IMG_8952a.jpg
昨日の蛇型スコーン

金曜日でちょうど子ども達の学校に行く時間と重なるからと渋滞を予測して8時に出発しました。ラスさんの運転でグランサム駅に向かいます。
パトリシアさんとHさんが見送りに玄関外まで出てくれて、昨日の英語のレッスンで教えてくれた「女王様のやり方」で手を振ってくれました(ゆっくり振る)

グランサム駅前で下ろしてもらうと、まずは窓口に行って切符を買いました。前日習った通りに言い、一応書いたものも見せると、何か言われたのですが、マイクを通さなかったのと早口だったのとで聞き取れません。聞き返すともう一度言ってくれましたが、それでもわからないでいると、まあいいや、という感じで切符を渡してくれました。多分、指定席じゃないよ、と言ったのではないかと後で思いました。

IMG_8955a.jpg
グランサム駅ホーム

IMG_8959a.jpg
行き先表示
キングズクロス駅行きもありますが、この日の目的地は逆方向、ウエスト・ヨークシャーにあるソルテア駅を目指します。ソルテアに行くには、リーズ行きに乗ってリーズで乗り換えます。

DSC02576a.jpg
グランサム駅を出発!

リーズでの乗り換え時間が10分しかないからとホストファミリーはだいぶ心配していました。イギリスの電車は遅れるし、リーズ駅は大きいから乗れないかもと言われ、調べたら30分待てば次のが来ることがわかりました。
でも、乗り換えは無事にできました。今はネットで詳しく調べられ、何番線に行けば良いかもわかっていたのが大きいです。
ちなみに乗り換え先はプラットフォーム9dでした。
dって何?と思ったら、9番線がa,bcdの4つに区切られ、そのうち一番奥のdの辺りから出発する、という意味でした。
これは9と4/4番線ってことではないかと思い、3/4ではないけれどなんだか嬉しかったです。

途中雨が降り出して、あ~ついに傘をさす時が来たかと思いました。イギリスに来てからずっと好天に恵まれていたのに、よりによって一番外を歩く日に雨とは!
しかし、目的のソルテアに着いた時は、雨は上がっていました。とても曇ってはいましたが。

IMG_8963a.jpg
ソルテア駅
ソルテアに着いたのは朝の10時過ぎ、雨上がりということもあってだいぶ肌寒く感じました。

IMG_8961a.jpg
プラットホームから見える煙突
これは、かつて繊維工場だったSalts Millの煙突です。
そう、私がこのソルテアを目指したのは、この繊維工場跡(1986年に操業停止)と労働者の住宅が目当てでした。

DSC02578a.jpg
工場跡(今はギャラリーや書店、カフェなどが入っています)と煙突

DSC02601a.jpg
工場の横を流れる川(運河)

DSC02602a_201609302132215b0.jpg
川の上の鉄柵

IMG_8968a.jpg
濁った水
残念ながら狐のいそうな土手は見当たりませんでした。

工場だった建物の一角にインフォメーションセンターがあったので、行ってみると、そこにお土産類が売られていたので絵はがきを見ていたら、私のスピナーズエンドのイメージに似たものを見つけてすぐさま購入しました。
IMG_9120a.jpg
家並みと煙突

絵はがきを買いながら、この場所はどこかと尋ねると、地図で示してくれました。
IMG_9124c.jpg
緑の帯で示した辺り

住宅地なので奥までずかずか入ってはいけませんが、この道順なら通って良いとか。でも順路から外れているけど?と聞いたら、外周だから大丈夫、とのことで行ってきました。

DSC02580a.jpg
絵はがきによく似た場所
なんと!猫までいました!!(クリックで拡大できます)

IMG_8977a.jpg
煙突と家並みとパペットスネイプ先生(スネイプ先生にピントが合っていない)

IMG_8978a.jpg
煙突と家並みとパペットスネイプ先生(スネイプ先生にピントが合っている)

この家並みですが、一軒家が並んでいるように見えて、実はみな長屋の端っこなんです。
DSC02591a.jpg
連なる長屋

これが何棟も連なっているのがまさにイメージするスピナーズエンドでした。
近くで撮影するため、何棟も連なる様子は写真に残っていないので、グーグルマップの航空写真でご確認ください。
グーグルマップ航空写真へのリンク

DSC02582a.jpg
玄関同士が向かい合う通り

DSC02581a_20160930213122bd1.jpg
裏口同士が向かい合う通り
表通りと裏通りが交互になっている感じでした。

DSC02583b.jpg
別な通り

DSC02590a.jpg
また別な通り

IMG_8998a.jpg
通りの一番外れにて

● COMMENT ●

スピナーズ・エンド

汚れた(濁った)川面に 鉄柵、人指し指のような煙突と レンガ建ての家並み。
凄い!まさにスピナーズ・エンドですね。
さすが二尋さん、よく見つけましたね、こんな場所。
狐のかわりに猫までいるオマケ付き。

二尋さんには 是非フード姿で歩いて欲しかったです♪

Re: スピナーズ・エンド

ノーベルタさんにそう言っていただけるととても嬉しいです!2007年にスピナーズエンドの場所について考えていた時に見つけた場所です。紡績工場ではなく、織物工場なのですが。
フード姿まで思いつかなかったです!寒かったのでセーターを着て、フード付きの薄地のコート着ていたのに!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/4261-6bf11293
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2016年イギリス旅行 6日目(後) «  | BLOG TOP |  » 2016年イギリス旅行 5日目(後)

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)