topimage

2017-11

子守り - 2016.10.08 Sat

今日は娘が友人の結婚式の二次会に出席、婿さんは仕事で不在、ということで私達夫婦で孫の世話に行きました。
最初は娘たちが泊まりに来ることになっていましたが、送迎は夫がすることになるので効率が悪いし、明日は朝早くから私達にも予定があったため、向こうに行く形にしました。

しかし、この話が出た1か月ほど前には何の問題もなかったのに、数日前に娘から「哺乳瓶嫌がるようになったんだけど…」と連絡が入り、さらに昨日になって「人見知りもするかも」と不安因子を追加してきました。

娘が出かける1時間半ほど前に到着、ちょうど昼寝し始めたところ、とのことだったのに、私達が入室する気配で目覚め、じっと見つめています。泣かれるか?と思ったら、にこっと笑い、喃語で話しかけてきました。
どうやら人見知りはなさそうでほっとしました。

娘がお風呂に入れて、身支度を整える間も、とてもご機嫌で、授乳の後半で寝てしまいました。「次の授乳は7時頃」と言い置いて、娘は出かけました。
孫が眠っている部屋で私達は録画してあったテレビ番組を見ました。半分ほど見たところで、目覚めてしまい、抱き上げると大きなゲップが出ました。眠ってしまってちゃんとゲップを出していなかったからでしょう。
その後は覚醒してしまって、構って欲しいと泣くのでどちらかが抱いたりあやしたりしていました。とにかく見つめて話しかけてくるので、よそ見しては失礼だろうと、ずっと『会話』していました(笑) 家事をやらない、子守りに来た祖父母だからできることです。

夕食は夫が買ってきたものを、交替で食べました。
下ろすと泣くので、どちらかが抱いていなければならなかったからで、昔はこうだったなあ、と懐かしく思いました。

構って欲しくて泣きはするものの、7時になってもそれほど空腹でもなさそうだったので、授乳を遅らせていました。7時半に飲ませようと、搾乳してあった母乳を哺乳瓶に移し、湯煎で温め飲ませようと試みましたが、全力で嫌がりました。
手で押しのけようとするように見え、まだそんなことする月齢ではないだろうと手を握って口に乳首を含ませるのですが、やはり手を振り払ってから押しのけようとしていたので、「手の使い方がわかってきたんだな」と嬉しくなりました。
しかし、肝心の哺乳瓶での授乳は、夫がやっても私がやってもダメで、とうとう泣き疲れて眠ってしまいました。
涙のすじを残して眠りについた赤子を見るのは切なかったです。

とはいえ、ずっと抱いたりあやしたりしていたので、眠っている間はホッとします。
夫は、「早く帰ってこないかな~」ばかり言っていました(笑)
寝付いて30分ほどの8時半頃、目覚めて泣き始めましたが、まだ空腹で切羽詰まっている感じではなく、あやしたり抱いたりすれば笑ったので、娘が帰ってくる9時まではそうやって過ごしました。十数分抱き続けるくらいの筋力はあって良かったです。

娘が9時ちょうどに帰宅して部屋に飛び込んできた時は、夫に抱かれてご機嫌にしていましたが、ママの声を聞いた途端「うわ~ん!」と悲しい感情を伴った声で泣きました。次回は今日よりもっと苦労しそうな予感がしますが、だんだんわかるようになってきたのは嬉しいことです。
半日の子守りはちょっと疲れましたが、一緒に過ごした時間、とても幸せでした。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/4267-f0565000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

多幸感 «  | BLOG TOP |  » 筋力

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)