topimage

2017-10

ハリポタ三昧 - 2016.10.23 Sun

改めて昨日のことを振り返ろうと思います。

元々鹿嶋さんと10/22にお会いする約束をしていたのですが、「死の秘宝」の4DXバージョンが22日から31日まで公開されると知って行き先を変更、パート1とパート2を続けて観ることにしました。
チケットは手に入りにくいのではないかと思い、パート1とパート2をそれぞれ分担、発売開始の瞬間を狙って手続きしましたが、選んだ席がどんどん埋まってエラー表示が出るので焦りました。三度目に選んだ後ろから二番目のほぼ中央の席が取れたので良かったです。

4DXの細かい感想は、まだこれからご覧になる方もいらっしゃるでしょうから畳んでおきます。
映画の方の感想、また新たに出てきたものがあったので書いておきます。

今回は、各登場人物の一人一人に今までになく感情移入して観ることができました。アトラクション的な要素が加わったのに、むしろ集中できたような気がします。
各場面でいちいち誰かに感情移入するので、かなり消耗しましたが、満足感も大きかったです。

呪いの子を読んでいたために、見方の変わった部分もあり、それがとても新鮮でした。
ダンブルドアへの怒りは、年月が経っても減るどころか増える傾向にある私ですが、今回の映画を観ていて特に強く感じたのが、スニッチが「終わる時に開く」という仕掛けをしたことに対する怒りでした。
ハリーが、本気で死ぬ覚悟をした時に初めて開く、ってどういうことなの!と怒りが沸々こみ上げました。
キングズクロスでの説明が少なく、納得したハリーにも驚きです。

あとこれは以前も言ったかもしれませんが、ホグワーツの戦いの前日、ホグズミード村が雪景色だったのにホグワーツには雪の気配がなかったことが気になりました。
蘇りの石を握るハリーの右手の爪の先が汚れていて、この爪の中にスネイプ先生の血も?と思っていて、石を落とす時開いた掌の汚れが赤っぽかったのでやっぱり、と思いました。
2本続けて観て、最後に19年後のトリオが画面の中心に立って列車を見送る場面、本当に感無量でした。

パート2が終わったのは3時半を過ぎた頃、それからもう手近なお店に入って、ケーキとお茶で2時間ほど話し込みました。
4DXの感想、映画の内容の感想、呪いの子の感想、原作の話、性癖の話(笑)、かつて好きだった別作品の話も少ししたしプライベートな話も少ししたけれど、ほとんどハリポタの話で盛り上がって楽しかったです。
その後場所を移動して港をしばらく眺めながらまたしゃべって、さらに場所を移動して8時から10時までビールと夕食とおしゃべりを楽しみました。今回、ダンブルドアへの怒りを共有できたのがとても嬉しかったです。

以下、4DXのネタバレがあります。
細かく書いているので、これから体験する予定のある方は十分お気をつけください。





4DXを体験したことはなく、それもとても楽しみでした。
映画の開始時、ワーナーのロゴが出ますが、近づくにつれてロゴに錆のようなものが出てくるのに合わせて振動して、「始まった!」とワクワクしました。
動き方は、細かい振動、大きな揺れ、上向き下向きなどの角度の変化があり、場面に応じて上手く使い分けられていると思いました。
特にグリンゴッツのトロッコの場面、前進しているわけではないのに、完全に乗っている気分でした。
背中をぼこぼこ蹴られるような、叩かれるような、マッサージチェア的な動きもありました。

水の場面も水滴がかかるのですが、雨は水滴が大きく、しかも結構容赦なく降りかかってきました。(OFFにすることも可能ですが、隣の席から来そうな気もします)
どの場面かわすれましたが、ミストも結構あったし、攻撃、破壊、炎上などで焦げ臭いようなに匂いも私は感じました。鹿嶋さんは感じなかったとのことで、実際はどうだったのかわかりません。パート1は森の場面が多かったからか、爽やかな香りがする場面を多かったです。
パート2の開始場面でスネイプ先生が一人で立ってヴォルデモートの手に落ちたホグワーツの生徒達の行進を見ている場面では、スネイプ先生が受けている風と同じように風も吹いてきて、同時に何らかの匂いも感じ取ったのですが、それが古靴の匂いだったのかどうかはわかりませんでした(笑)
スネイプ先生がナギニに攻撃されている時も、その音に合わせて振動があって、私は身を固くして耐えていました。
ヴォルデモートの最期、彼の破片と共に、実際に何かが舞っていたのが可笑しかったです。

● COMMENT ●

映画に疎いです。こうした効果のものがあるのですね〜。
田舎なので映画観に行くこと自体大仕事ですが。
感想を拝見して、6〜7巻読み直してみようと思いました。
邦訳前に呪いの子頑張りますね。シーン4入り佳境です♪

セブンで一番くじありますよね♪
ちょっと引きたい気がしました。近所でやってるか怪しいですが。D賞どうでしょう?

>kmyさん

こうした効果がある映画館の存在は知っていましたが特に行こうと思ったことはなく、今回ハリポタの上映があると聞いて探したら、設備のある映画館が思った以上に少ないことがわかりました。
当然ですが普通の上映より高く2Dのパート1が2000円、3Dのパート2が眼鏡込みで2400円でした。他の映画でこの金額は出さないので、この機会に体験できてよかったです。
読むたび思うことが変わる私ですが、映画もそうでした。時間が経ってからだと自分の変化も興味深いです。
呪いの子、佳境ですね~楽しんでください(´▽`*)

一番くじ、話題だし気になります。
結構高いのでやるかどうかはわかりませんが、ご推察の通り、欲しいのはやはりD賞です(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/4280-12393304
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

焼け石に水 «  | BLOG TOP |  » 4DX

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)