topimage

2017-06

ハリー・ポッターと呪いの子 - 2016.11.11 Fri

今日、ついに『ハリー・ポッターと呪いの子』の邦訳版が出ましたね。
何かイベントがあったら参加したいと思ってネットでの予約はしていませんでした。
以前と同じように八王子の書店ではカウントダウンイベントがありましたが、発売が深夜では買った後帰ってこられないので参加は断念しました。(7巻発売は早朝だった)職場では、「仕事休んで行くかと思った、と言われました)
他にも、いくつかの書店で朝7時とか8時とかの発売がありましたが、出勤前に行ける場所での早朝販売はなく、強いて言えば一か所あったのですが、ギリギリなのは怖いので、やはり断念しました。

そんなわけで、今日は仕事が終わって英会話に行く前、自宅最寄り駅に近い書店で特典などもなく普通に購入しました。
どこに売っているかは入店前からわかりました。呪いの子のポスターが高い位置に貼って会って、その下に山のように積んであったからです。
一冊を手に取り、レジ前の列に並びました。
結構大きな書店なので、レジは4つか5つ稼働していましたが、それでもしばらく列で待ちました。
前の人がやはり同じ本を持っていたのが印象深いです。
後ろの人たちが何を持っているのか探ろうとしたのですが、振り返るという行動は前を向いて立っていることの何倍も難しく、結局確認できませんでした(笑)
IMG_9574a.jpg
手に入った邦訳版『呪いの子』

英語版は8月に読み終わりましたが、自分の読み方が間違っているかもしれないので(7巻では大事な部分読み間違えていました)、やっぱりドキドキします。
今日、この後読むつもりです。しばらく魔法界に行ってきます~

● COMMENT ●

『ハリー・ポッターと呪いの子』私は、まだ、英語版の途中です。
図書館での貸し出しの順番待ちで、読み始められるのが遅くなりました。
感想とかは書けません。また、ネタバレを知るのが嫌なので誰のものも、見たり聞いたりしていません。
英語版を読み終わらない内に日本語版も発売されたので、これも図書館で貸し出しの予約をしてきました。
日本語版を貸し出してもらえる頃には、英語版を読み終われるでしょうか。
多くの人が予約をしているようなので、私に回ってくるのは遅いと思いますが。

>あっちゃん さん

図書館は返却の期限があるとはいえ、英語だと一日二日で読めるものではないから、順番回ってくるのも遅くなりそうです。
私もネタバレは大嫌いなのでお気持ちわかります。幸い何のネタバレもなく読み終えられました。
日本語が発売されたことで、ネタバレが多く出回りそうですから、一層ご注意ください。
久し振りの新刊、じっくり楽しんでくださいね~


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/4296-c8fb3816
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

秋の散歩 «  | BLOG TOP |  » 英語のレシピ

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)