topimage

2017-06

ようやく復習 - 2016.11.21 Mon

今日は久しぶりお菓子を焼きました。
11月中にどうしても作りたかったパーキンです。
宇都宮のお菓子教室で習ったのが、去年の11/15、イギリスでは11/5のガイフォークスデーに食べるというパーキンです。
すぐにでも復習したかったのですが、材料の中に日本では手に入らない『ミックススパイス』があったため、次にイギリスに行ったら買ってこようと心に決めていました。
で、今年の9月にイギリスに行った時に無事買えたというわけです。
IMG_9694a.jpg
ミックススパイス
シナモン、コリアンダー、ナツメグ、キャラウェイ、ジンジャー、クローブなどが入っていて、アップルパイやクランブル、フルーツケーキやビスケットなどへの使用を勧めています。

できればガイフォークスデーに食べられるように焼きたかったのですがあっという間に過ぎ、せめて11月中に!と頑張りました(笑)
ミックススパイス以外の材料は日本で手に入るとはいえ、なかなか揃えるのは難しく、ゴールデンシロップは今年の4月に愛知に行った時、たまたまやっていた英国展で買ったものを、モラセスという黒い糖蜜やオートミール、ジンジャーパウダーは近所の輸入品を扱うお店で、重曹とシナモンは近所のスーパーで買いました。他は家にある材料を使い、ようやく全ての材料が揃いました。

IMG_9679a.jpg
左がゴールデンシロップ、右がモラセス

IMG_9682a.jpg
モラセスとゴールデンシロップと無塩バター
火にかけてバターを溶かします。

IMG_9683a.jpg
熔けたバターと糖蜜類の混合物
この後、ここにさらに牛乳と卵が加わります。

IMG_9678a.jpg
量った粉とスパイス類
ふるった後、ブラウンシュガーとオートミールを加えてざっと混ぜます。
IMG_9684a.jpg
粉類を混ぜたところ

IMG_9685a.jpg
粉類と糖蜜類を混ぜます

IMG_9686a.jpg
用意した型
18×28センチ用の分量で、うちのトレイは28×28センチの正方形だったため、手作りの仕切りで10センチほど短くしました。

IMG_9688b.jpg
流し込んだ生地

IMG_9690a.jpg
焼き上がり!
焼きムラができて、奥は焦げてしまったのが残念、途中で向きを変えれば良かったです。しかも、焼ける時に膨らんだ生地が仕切りを押しのけ、だいぶ短辺が長くなってしまいました。
焼いている時や焼き上がった時の匂いは、ドライフルーツのたっぷり入ったフルーツケーキを焼いた時の匂いに似ています。特に、『レーズンがちょっと焦げた部分』みたいな感じでした。わかりにくいですが(笑)

このパーキン、焼いてから二日以上経ってからの方が蜜が沁みて美味しいとのことで、そのつもりでひとかけらを除いてラップで包んで保存しています。そのひとかけらをお昼に食べたら、とても美味しかったです。
まだたくさんのゴールデンシロップとモラセスが残っているので、もう一回焼くか、糖蜜タルトに挑戦するのも良いなと思っています。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/4304-ab9f2aa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ファンタスティックビースト』 «  | BLOG TOP |  » 「120%」三回目

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)