topimage

2017-06

30年ぶりの再会 - 2017.01.29 Sun

金曜日、大学時代の同級生と約30年ぶりに会ってきました。
彼は同じ研究室の仲間で、その研究室に所属していた同学年はその彼と私達夫婦と、あと二人の男子、合計5人でした。
全部でいくつ研究室があったか忘れましたが、約160人の同学年が振り分けられた中では最も人数の少ない(人気のない)研究室だったと思います。
彼と会うのは多分卒業以来、関西の人だったし就職も関西だったので長らく年賀状のやり取りだけを続けていました。
それが何年か前、転勤で関東に引っ越してきて、毎年年賀状を書くたび、会いたいな~と夫は言っていて、今年ついに年賀状に携帯の電話番号を記し、ここにショートメール送ってくれ、と夫が書いたのでした。

彼は最初はその文字に気付かなかったらしく、しばらくしてから連絡が来ました。
ショートメールでやり取りして日程を決め、夜の7時に彼の方に近い駅で待ち合わせました。
15分早く到着した私たちは、改札前に佇む人たちを一通り見て、「まだいない」と意見が一致しました。
私達は写真付きの年賀状を送っているので向こうは変化を知っていると思うのですが、私達は彼の変化を知らず、どんな姿になっているのか皆目見当がつきません。時々外見が激変する人がいるのでわからないかもしれないと思っていました。
そう思いながらも、雑踏の中に探すのは20代の男性の姿で、自分に「違う違う」と言い聞かせていました。

待ち合わせの5分くらい前に、夫が「見つけた、間違いない」と言いました。
柱のちょうど裏側にいるコートの襟を立てた男性に目をやると、頭のてっぺんが薄く、どこのおじさんかと思いました(笑)
声をかけて顔を見たら、ほとんど変わっていなくて嬉しかったです。

お店に行って、ビールで乾杯しながら近況を語り合いました。
なにしろ卒業以来なので、仕事の話、転職の話、奥さんの話、子どもの話、色々聞かなくてはなりません。
聞いた話で一番驚いたのは、阪神淡路大震災の時兵庫県にいた彼が、朝の激震で目が覚め、揺れが収まった時再び眠ったという話。その後職場の様子を見に自転車を走らせたとき、「やけに空が明るいなと思ったら、いつもは頭上にあった高速道路が横倒しになっていた」と言うのです。二度寝していたからニュースを見ていなかったようですが、そもそも二度寝できたことに驚きました。

話していると30年の月日が嘘のようでした。
何を話しても「いーじゃん、いーじゃん」と軽い口調で肯定してくれる口癖も当時のまま(関西の人がこういう言い方するのかしりませんが、大学生の時は既にこの口癖がありました)、笑うと^^という形になる目もそのままで、なんだかとても嬉しくなりました。

年賀状を送ってから連絡来るまで時間があったのは、ちゃんと読んでいなかったせいらしいですが、お正月も過ぎたある日、ゆっくりできる日があって改めて年賀状を読んでいて気付いたそうです。「その時すごく嬉しかった!」と言っていました。
どうも子育ての一番忙しい時期が過ぎた頃、昔の仲間がどうしているかな~と思う時期が来るようで、彼もそういう時期だったようです。この機会に、年に二度は会おう!と再会を約束して別れました。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/4353-33dbf881
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

35年ぶりの再会 «  | BLOG TOP |  » 2017年読書会議事録(2)

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)