topimage

2017-04

仮装 - 2017.02.25 Sat

昨日、夫婦で次男の卒業コンサートを聴きに行きました。
次男の大学のコンサートではなく、色々な大学のマンドリン部の4年生で構成されたオーケストラのコンサートです。

開場が18時、開演が18時半ということで、早めに行って会場近くで夕飯食べてから聴こうと思っていたのですが、車で行ったものだから渋滞にはまって、到着は開演14分前でした。

開始とともに舞台に上がってきた人々の姿に驚きました。
全員が仮装をしていたからです。本当に色々な格好をしています。
ピカチュウの着ぐるみ、動物や野菜の着ぐるみ、ゲゲゲの鬼太郎、進撃の巨人の調査兵団の衣装、大正時代の女学生みたいな着物と袴、武道系の着物と袴、海女さんみたいな恰好の子もいたかな。魔法界の子はいないかな~と目をこらしてみたけど舞台上は人が多すぎ、よくわかりません。退場の時にようやくグルフィンドールのローブを着た子を発見し、次の部では違うパートにやはりグリフィンドールのローブの子を見つけました。

色々な大学の学生が混じっているので、一曲ごとに指揮者とコンサートマスターは変わりました。
各曲の紹介時に前の曲を振った指揮者と次の曲の指揮者とコンマスなどでコントをやるのですが、それが寒くて寒くて(笑)
それはさておき、指揮者の服装がやはり目立ちます。
最初の曲の指揮者は普通のスーツを着ていたように見受けられましたが、指揮台に上がると白い仮面を取り出し、それを前後逆につけました。つまり、後頭部に顔のあるたクィレル先生みたいな姿になったのです。
会場にも笑いが起こりましたが、いつまでも心の中で笑っていたのは私だけだったかもしれません。ヴォルデモートが客席見ているみたいで、私は可笑しくてたまりませんでした。

次の曲は白雪姫の姿の女性が振り、その次はん美女と野獣のベルなのかな?と思わせる鮮やかな黄色のドレスの女の子が振って、コンミスが別の白雪姫でした。マリオが振った曲もあったし、あとはなんだっけ??

仮装の話は聞いていなかったので、うちの息子の姿も始めは全然わかりませんでした。
夫も「うちの息子がいないぞ?」と言います。
予め曲ごとの座席表が受付で渡されていたので、どこだかある程度は見当がついたのですが、その付近には女の子しかいません。
でも、一人のピンクのリボンをつけた茶髪というか金髪というか明るい色の髪の女の子の頷き方が次男に似ています。
「あのリボンの子じゃない?」と言って二人で観察していると夫も「あいつに間違いない」と言います。
メイド服っぽいワンピースに濃い色のハイソックスをはいた細い脚の女の子が、次男でした(笑)
顔立ちが私の従妹の小さい頃に似ていたのには驚きました。似ているとは思ったことはなかったのですが、血ですねぇ。

学生やアマチュアのコンサートに行くとアンケート用紙がプログラムに挟まっていて、曲や進行の感想を書けるようになっているのですが、最後に一番良かったコスプレは誰ですか?みたいな質問があって笑いました。

みんな本当に思い思いの格好をしていて、一人に絞るのは難しかったです。
息子の姿は私達には驚きをもたらしましたが、客観的に見て仮装として見栄えがするかというとそうでもなく、そこは公平に一票入れようと思いました(笑)
鬼太郎の子(多分女の子)の髪から目玉の親父も見えたのがポイント高いと思い、その子に一票入れましたが、もう一つ。
後頭部ヴォルデモートのクィレル指揮者が、その後の曲全部をそのマスクを顔につけて演奏しきったことに感銘を受け、その点も書いておきました。絶対顔が暑かったと思います。お疲れさまでした~

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/4368-b4c49236
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

落差 «  | BLOG TOP |  » 海辺の散歩

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)