topimage

2017-06

自治会役員 - 2017.03.27 Mon

実家であるマンションの一室を売りに出してからもうすぐ二か月になります。
最初は見学者も続けて来ましたが、ここしばらく何の音沙汰もありません。
そんな中、先日、新年度の役員を「やることになっている」とお知らせをもらいました。
その可能性は聞かされていたものの、居住していないマンションの役員をやるなどということが現実だとは思わなかったので、信じられない気持ちでした。

3月上旬の役員会に呼ばれたのはその1週間前。私はすでに大事な約束でその日は埋まっていたので、妹が代わりに出席してくれました。
そこで待っていたのは、良い年をした男性たちの怒号の飛び交う修羅場だったそうです。
28年度の会長さんは頑固な方で、頭から私達姉妹が29年度の役員をやると決めてかかっていました。
ところが、マンションの規約には役員の資格があるのは「居住している者」、とのことで私たちは除外されるべきだと言う方もあり、妹は口を挟む余地なく、その方たちの怒鳴り合いを聞いていたのだとか。
その場は一度帰されたそうですが、規約を読み直し「但し書き」の解釈ではオーナーである私達も役員をやるべき、と前会長さんから再度連絡があり、引継ぎに呼ばれました。
声がかかったのはまたしても遅く、なんと二日目でした。しかも平日の9時半。仕事していたら絶対参加できない時間なのですけど!しかもその日は鎌倉に行くことに決まっていたし、そもそも休日は役員会の可能性や家の購入を考える人の見学があるかもしれないからなるべく予定を入れないようにして、敢えて選んで予定を入れた平日だったんです。
だから、またしても妹に行ってもらうことになりました><

結局、比較的楽な役割を与えられ、月に一回の外掃除の日に仕切るなどの仕事をすることになりました。住んでもいないマンションの掃除を仕切ることになるとは…
しかし、まだ私たちが役員をやる資格はない、次の総会で問題提起する、とおっしゃる方もあり(私達を責めているわけではない)、この先まだ荒れることが予想されました。
総会には参加できるので、どうなるかと戦々恐々としていたら…

今日、妹から、色々あったけど結局役員はやらないことになった、と連絡がありました。
詳しいことは書けませんが、かなりややこしいことになって、再度規約を見直して、但し書きの解釈に新説が出て、家の持ち主ではあっても居住者じゃない人に役員は任せられない、という判断になったようです。
結局私が何も関わらないまま、妹だけ嫌な思いをさせて問題が解決したことは不本意ではありますが、やらない方向に決まってやれやれです。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/4390-e63f7031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

太巻きの会 «  | BLOG TOP |  » 我々の定演

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)