topimage

2017-10

浜松旅行(1) - 2017.07.19 Wed

7/15~17の三連休で、大学時代の部活仲間たちと浜松に行ってきました。
2月に敦賀に行った時、既にこの旅行は計画されていて、関東と関西、四国のメンバーがまあまあアクセスし易い所、今年の大河ドラマの舞台、という二つの理由で浜松が選ばれました。
参加したのは男性が6人、女性が5人の計11人です。夫婦で参加したのは私達だけです。

浜松までの二人分の交通費を考えると車の方が断然安いので車で行きました。同じ県に住むK子も誘い、三人で東名で浜松を目指します。
IMG_2100a.jpg
良く晴れた空と富士山

途中事故渋滞にはまり、たった数キロ進むのに1時間半もかかり、待ち合わせの11時に間に合いませんでした。
餃子屋さんにみんなで並ぶ予定でしたが先に入ってもらい、みんなが出てきた頃、私達は到着しました。それでも、宇都宮と肩を並べる浜松餃子は食べたくて、他のみんなには次の目的地に先に行ってもらい、私達は列の最後尾に並びました。
IMG_2102a.jpg
浜松餃子
列に並んで一時間後、ようやく餃子にありつけました(笑)

IMG_2108a.jpg
餃子大(16個)
ご飯は食べず、餃子だけを一人16個ずつ食べました。浜松餃子は茹でたもやしが添えられているのが特徴だそうです。
具も野菜が多く、16個も軽く食べられます。

食べ終わると次の目的地、楽器博物館に行きました。
みんなマンドリン部の仲間、それなりに楽器には興味があるようでじっくり鑑賞していて、私達は1時間半遅れていましたがそこで合流出来ました。

IMG_2110a.jpg
マンドリン(日本製)

2時からミニコンサートがあるということで、地階のロビーでみんなで鑑賞しました。
竹でできたアンクルンというインドネシアの楽器を使い、職員二人が演奏してくれました。
てっきりインドネシアから来た奏者の演奏かと思っていたのでちょっと驚きましたが、その後観客の大半にその楽器が渡され、みんなで演奏する、という参加型のコンサートでした。
IMG_2113a.jpg
アンクルン

出せるのは単音で、それぞれに数字が書かれています。1がド、2がレ、という具合です。
3曲ほど演奏しましたが、全員分の楽器はないのでみんなで交替で使いました。みんなとても真剣に取り組み、楽しみました。
コンサートの後、遅刻組は展示物を見て、先発組はカフェでお茶を飲んでいました。
IMG_2117a.jpg
燭台付きのピアノ
美女と野獣に出てきそうではありませんか!

その後宿に向かいました。
1泊目は弁天島の中のホテルに宿泊しました。

IMG_2126a.jpg
窓からの眺め

男女二室に別れて、まるで合宿のようです。
女子(笑)は10畳と6畳、男子は10畳と8畳の二間続きの広々とした部屋でした。
布団敷きはセルフで、ますます合宿っぽいです。

IMG_2139a.jpg
グリフィンドール生の中に一人だけ混ざるスリザリン生

夕食後、男子部屋に集まってお茶やお菓子と共に語らうのも学生当時のままでとても楽しかったです。

● COMMENT ●

学生時代のお友達と旅行羨ましいです!私もそんなときが来るのでしょうか…

二尋さんは交友関係が広くて、交流も大切にしてらっしゃるからこそですよね〜

浜松楽しかったようで何よりですーー餃子は意外と食べずに暮らしてました。

>kmyさん

卒業から30年の節目の年だったので参加率がとても良かったです。
4歳の子どものお父さんとか中学生の子がいる人が複数いましたが、多くは子どもの手が離れて昔の友達が懐かしくなる頃なんだと思います。
浜松楽しかったです♪
そう言えばkmyさんは浜松にお住まいだったことがありましたね!
餃子はつい最近有名になったように感じていましたが、行ったお店は昭和37年創業だし、もっと古いお店にも最終日に行きましたし、結構昔からあるのですね~


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/4447-db990268
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

浜松旅行(2) «  | BLOG TOP |  » 発表の場

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)