topimage

2018-04

2018年イギリス旅行1/28(スタジオツアー4) - 2018.02.13 Tue

ホグワーツ特急の客車にも入れるようになっていました。コンパートメント内には入れませんが。
IMG_3451a.jpg
コンパートメントの外で
各コンパートメントごとに、何の作品か書かれています。が、この写真は何だったのか撮り忘れました。

IMG_3457a_20180210155926686.jpg
ラベンダーが書いたあれ
謎のプリンスですね。

IMG_3466a_2018021015592842b.jpg
ハリーとロンとの出会い
これは中を見学できる車両とは別の車両にありました。

IMG_3471a_20180211233031cf5.jpg
外から見た図
車内販売のカートが見えます。カートを押す魔女の姿は確認できませんでした(笑)

IMG_3467a.jpg
二人の間に割り込むパペット先生

IMG_3470a.jpg
19年後のトリオとジニー
実は彼らはプラットフォームには立っていなくて、1年生時のハリーとロンの席の向かい側に立っています。それはそれでちょっと泣けます。

プラットフォームを抜けて次のエリアに向かう途中にこのようなものがありました。
DSC03064a.jpg
謎のプリンスでダンブルドアとハリーが姿くらましした駅の広告
これがあることは知っていましたが、普通にマグルの広告っぽくて、うっかりすると通り過ぎてしまいそうです。

その先にカフェがありました。
カフェは以前もありました。その時は完全に外でしたが、今回は外気は入ってこないように大きな窓のある壁ができていました。多分位置はそんなに変わらないと思うのですが、スペース的には広くなっているように感じました。テラス席もいくつかありましたが、寒くてとても外で飲食する気にはなれません。
以前はバタービールだけ(他の飲み物もあったかも)で、食事はできなかったと思うのですが、軽食も食べられるようになっていました。一日いても足りないくらいですから、やはり途中で何か食べられるところがあった方が安心です。
でも、お昼にハムサンドをしっかり食べていたので今回もバタービールだけです。
IMG_3476a_20180210213356dab.jpg
レギュラーのバタービールは私、スーベニアカップはこはねさん
どうもこのスーベニアカップは二種類あるようで、丸みを帯びたこの可愛い形と、普通のジョッキ型とがありました(向かいの席の人のは後者)
味も、USJのバタービールよりあっさりしている印象です。泡の部分とは混ざらず、下の炭酸部分ばかり先に飲めてしまうのですが、さっぱりしていて美味しかったです。

カフェの外にナイトバスやプリベット通り4番地のダースリー宅やゴドリックの谷のポッター宅やホグワーツの渡り廊下などがあるのは以前と同じでした。ただ、夜なので雰囲気がまだぐっと違いました。
DSC03066a.jpg
まさに夜の騎士バス

DSC03070a.jpg
車内にはベッド
結構寝心地良さそう!振り落とされなければ(笑)
昼間は椅子でしたね。ここでは昼でもベッドだと思いますが。

DSC03071a.jpg
ダースリー宅
なんと!中に入れました!(以前は入れなかったように思いますが、気付かなかっただけ?)

DSC03076a.jpg
たくさんのハリー宛ての手紙が舞う居間

DSC03077a_201802081731171da.jpg
階段下物置
ここは開かれていませんでした。


IMG_3483a.jpg
ポッター宅
やはり夜だと雰囲気あります。

再び建物の中に入るとゴブリンや巨人の頭や小道具類の展示がありました。
DSC03083a_201802132250346f4.jpg
棚に並ぶゴブリンの頭

DSC03091a_201802132234463bc.jpg
色も形も様々な帽子
ボーバトン校の帽子は、そもそも型こんなに優雅で可愛らしい形だったのか!と思いました。

その先はダイアゴン横丁でそこを抜けるとコンセプトアートのエリアで、ここは本当に美しく雰囲気のある絵がいっぱいで、人の流れに押されて歩いてしまいましたが、もう少しじっくり見たかったです。
フィルチやスプラウト先生などとてもオリジナリティーのある絵で好きなのですが、欲を言えばスネイプ先生の授業中のコンセプトアートも見たいです。

そして、その先にあったのが、1/24のホグワーツ城。
1/24とは言え、存在感は圧倒的で、しばらく無言で立ち尽くしました。
DSC03118a.jpg
雪のホグワーツ城

DSC03117a_201802081731186f2.jpg
時間とともに色や明るさが変わる照明

DSC03129a_20180208173120004.jpg
別角度から

DSC03134a.jpg
さらに違う角度

IMG_3506a.jpg
ボートハウスの前にて

城の周りを何度も回り、立ち止まって眺めていると、立ち去るタイミングがつかめませんでした。
『ヴォルデモートそしてスネイプと、身寄りのない少年たちにとってはここが家だった……。』とハリーが考える場面を思い出して泣きそうになりました。この城が、スネイプ先生にとっての家だと思うと、立ち去りがたかったです。

お土産屋さんの前の最後の部屋は杖の部屋でした。
以前の記憶からアランさんの杖をすぐ見つけましたが、若い二人の杖は見つけられず、スタッフの人に聞こうとして学生スネイプを演じた役者さんの名前をど忘れし、少年スネイプを演じたベネディクト・クラークくんの名前を言ったら、分厚い資料で調べて教えてくれて、その上高い位置だったので撮ってくれました。
が、ピンボケでした!
思い出せなかった役者さんの名前、アレックホプキンスくんの名を思い出し、これは自力で探し当てました。


IMG_3516a.jpg
アラン・リックマンさん

IMG_3519a.jpg
ベネディクト・クラークくん

DSC03140a_20180210160751ed8.jpg
アレック・ホプキンスくん
引っ込んでいるけど、ピント合っていて嬉しい!

IMG_3514a.jpg
ダニエル・ラドクリフさん

IMG_3518a.jpg
JKローリングさん

お土産屋さんでは同僚へのお土産のボールペンやピンバッジ、トランプなどを買いました。以前買ったのと同じスネイプ先生の絵ハガキをたっぷり購入しようと思ったら、二頭身の可愛らしいイラストバージョンしかありませんでした。記念に買いましたが、トレードマークの鉤鼻がなくて残念!
IMG_0178a.jpg
鉤鼻どころか鼻すらないスネイプ先生

IMG_3534a_20180213234109389.jpg
帰り際に撮影

停車していたバスに乗り込む前、これを含め二人でいくつか写真を撮っていたら、バスは行ってしまいました。出発時間は9:14で、上の写真の撮影時間は9:13。この後20分近く次のバスを待って、ワトフォードジャンクション駅は9時50数分発の電車に乗り、ユーストン駅からは歩いて帰りました。部屋に着いたのは10:40くらいでした。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://futahiro.blog18.fc2.com/tb.php/4512-64b49712
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2018年イギリス旅行1/29(大英図書館)2/16追記 «  | BLOG TOP |  » 読書会議事録(3)

プロフィール

二尋

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

.

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

本サイト

黒髪・鉤鼻・土気色

最近のトラックバック

用語・略語

OT=作業療法(士)(Occupational Therapy/Therapist    オキュペイショナル・セラピィ/セラピストと発音)

PT=理学療法(士)(Physical Therapy/Therapist)

ST=言語聴覚療法(士)(Speech Therapy/Therapist)